◆素人投稿プライベート写真雑誌「ニャン2倶楽部」の元締め。野外調教人として羞恥プレイの実践派。「東日本ミニスカート解放戦線」を始め、「日本ミニスカ倶楽部」の師範代。現在は、「ミニスカ熟女・推進委員会」の座長。小便娘のミニよりも、熟年世代の恥艶ミニを推奨している。趣味:官能スケベ小説の熟読、有名女優の映画ヌード場面の鑑賞。

6月14日(水) P/ちゅぱちゅぱ

ただ美しいだけじゃダメだぞ、一目でマ○コ好きの欲しがり妻と分かるように発情しろ…と毎日、他人SEX漬けの愛妻

◆周囲からは美人の奥さん…と褒めていただく愛妻です。

ただ可愛いだけじゃダメだぞ、すれ違った男がみんなドキッと勃起して、押し倒してヤリたくなる、淫乱フェロモンをムンムンと発散する魅力妻になれよ…と日々、教育しています。

歩く雰囲気もヒップを左右に振って男を誘う感じになり、視線も宙に浮いて欲情のオーラに潤むようになってきました。常に男の視線を意識して暮らしていると自然とオマ○コ好きになって、ねぇ、あなた、今夜もいっぱい叫ばせて…と求めてきます。

海水浴場でもマンビラの土手がそのまま盛り上がって、陰唇の形がそのまま浮き出るようなキツキツの超ハイレグ水着を見せつけ、男たちの卑猥の視線の前を往復し、日光浴のフリしてわざと股を開き、はぅ、じっと見られてるの、これで終わってぇ…と喘ぎながら細指を股丘に添え、割れ目をなぞって、はしたないオナニーを晒し、ジンワリと股布にシミを広げます。

飲み会やカラオケに来た友達にも、どんどんエロくなってくな…と驚かれ、左右から伸びる手に乳房を揉まれ、股間に潜る指に果肉をこすられて、ハァン、だめぇ、声がとまらなくなっちゃう…と淫蜜汁を掻き出されます。

もう欲しくてたまらないだろ、ほらおまえの方からスケベに甘えて誘えよ…と促され、アゥ、ホテルに連れてってください、オマ○コもっと調べて、チンチンのオカズにしてください…と握りしめます。

毎日、どんどん感じやくすくなって、オマ○コ削って射精汁を流し込んでほしいの、主人にもオマ○コを大勢の他人汁で洪水にして淫乱になれって命じられるの…と他人棒を吸い舐めます。

生のチ○ポを挿れられる前に、早くも4回、5回と絶頂に達し、敏感な膣は軽く出し入れしただけでギュンギュン締まってアクメ痙攣です。

主人公認の3P、4Pが毎週のように行われ、複数チ○ポによがり果てるのが習慣になっています。

素人投稿クラブの映像販売特設サイトができました→素人投稿クラブFC2特設サイト