◆素人投稿プライベート写真雑誌「ニャン2倶楽部」の元締め。野外調教人として羞恥プレイの実践派。「東日本ミニスカート解放戦線」を始め、「日本ミニスカ倶楽部」の師範代。現在は、「ミニスカ熟女・推進委員会」の座長。小便娘のミニよりも、熟年世代の恥艶ミニを推奨している。趣味:官能スケベ小説の熟読、有名女優の映画ヌード場面の鑑賞。

7月13日(木) P/Siワゴン

休日は朝から窓を開け放ち、男根を騎乗位に出し入れされる連結性器を拡げ、近所に性生活を見せ付ける色情淫乱の羞恥妻

◆折り目正しい控えめな妻…と近所の評判も上々の愛妻N子です。

その麗しい妻を日々淫乱羞恥に性感開発し、これほどチ○ポに乱れサカる淫猥妻に生まれ変わらせました。

あぁ、ダメよ、近所に聴かれちゃう…と羞じ拒んでも、夜の寝室の窓は開け放ち、前戯のバイブオナニーからラストの絶叫アクメまで、夫婦の営みの一部始終を近所に覗かれ、啜り泣き、喘ぎ、やがて欲しがり叫んで、逝かせてぇ、チ○ポ失神させて、ザーメン汁をオマ○コにください…と色情声を発するのを、毎晩、近所に聞かせるハメ好き妻に磨き上げました。

お願い、窓を開けるのは許して、近隣に知れ渡っているのよ、昼間、挨拶した奥さんにも、ご夫婦で仲がよろしいのは分かりますけど、お盛ん過ぎませんか、近所で噂の的ですわよ、夜の方をもう少し控えたらどうかしら…と嫌味を言われたの…と羞じ悩んで頼みますが、もう朝も晩もチ○ポ無しに暮らせないハメ好きマ○コじゃないか…と秘肉をまさぐられただけで、男根い吸い付き、あぅ、いじわる、おチ○ポ責めをお願い…と肉壷を摺り寄せて交合を求めずにいられない妻です。

深夜まで突き責められ、悶絶泣きにアクメを重ねたのに、休日の翌朝などは、目覚めてすぐ窓を開け放ち、ほらN子、チ○ポに突きまくられて、よがり汁を飛び散らせる淫乱マ○コを、窓からしっかり見てもらえ…と騎乗位の大股開きの結合部を団地のベランダに向け、ひぃぃ、恥ずかしい、N子は休日に朝マ○コを近所に晒すおねだり妻にされました…とのけぞり、連結のまま4回、5回と絶頂に気絶します。

ここまで淫乱SEXに性欲を支配されると、地域の市民会館の集会などにも、近隣の皆さんと顔を合わせるというのに、待合室でパンティを下ろし、股を割って膣襞を剥き、生き恥マンズリの命令を拒めずに、あぁ、見付かるわ、羞恥淫乱の秘密を知られちゃう…と呟きながら露出オナニーを止められません。