◆素人投稿プライベート写真雑誌「ニャン2倶楽部」の元締め。野外調教人として羞恥プレイの実践派。「東日本ミニスカート解放戦線」を始め、「日本ミニスカ倶楽部」の師範代。現在は、「ミニスカ熟女・推進委員会」の座長。小便娘のミニよりも、熟年世代の恥艶ミニを推奨している。趣味:官能スケベ小説の熟読、有名女優の映画ヌード場面の鑑賞。

7月24日(月) P/ドロルコック

ゲーセンを裸同然で徘徊して嘲りの的にされ、出勤も乳房の透けるブラウスと超ミニで痴漢され、後輩の巨根に従う先輩美人OL

◆同じ会社に勤める先輩OLミク、27歳です。もう以前のように上から目線でボクに説教することもありませんし、キツイ態度を取ることもありません。

それどころか、おいミク、もっとスカートのサイズを短く裁断して、視姦メスらしくノーパン・マ○コ見えそうにして出勤しろよ…とからかっても言い返せない女になりました。超ミニにオッパイ透け透けの淫乱ブラウスがベテランOLミクのトレードマークです。

ヤリ手の気強い先輩OLが、露出フェロモンをムンムン振り撒く、サセ子オーラいっぱいの女になった…と同僚の噂の的です。

ゲーセンに連れ込んでも、お客さん、その服装は困ります…と従業員から注意されますが、露出メスのミクは、すいません、おトイレ貸してください、用を済ませたらすぐ出ますから…と透け乳房をくねらせ、陰毛のはっきり分かる股間をせりあげ、周囲の蔑みの的になりながら店を巡り、もちろんトイレは男子便所に連れ込まれ、ボクのチ○ポを吸い終わるまでフェラチオ奉仕です。

ちゃんとした彼氏はいるのに、ボクの強靭な巨根に威厳をぶち抜かれ、肉穴を征服する淫楽に理性を粉々に砕かれ、気持ちでは、あなたなんかに従うのは嫌…と反撥しても、性欲は巨根にコントロールされ、彼とのデートの約束があっても、ごめんなさい、急な仕事で会えません…と断り、ボクの監視の元、街を色情露出に引き回され、映画館で痴漢SEXにヒィヒィと股を揺らし、オマ○コに巨根精子を流し込まれて羞恥絶頂に硬直するのがお決まりの日々になりました。

気強いミク先輩が、彼氏に内緒で、後輩のボクのチ○ポ人形にされて、オマ○コ視姦の露出マゾにされちゃうのって悔しいですか…とからかわれ、くぅ、そんな言い方、口惜しい…と呟きますが、お願い、これだけで帰さないで、ホテルで巨根のチ○ポ様をミクのオマ○コに入れて…と身を寄せてきます。

ミクは彼に隠れて、☓☓くんの極太チ○ポに躾けられて露出マ○コ女を誓ったハメ好き女なの…と屈辱のメス挨拶を繰り返します。

明日からはもっとスケベな裸同然のハレンチ服装で、ボクのチ○ポに忠誠を約束してくれますか…と見つめられ、ハァン、はい、約束します、ミクはあなたの命令に濡れて発情する恥悶えのSEX女です…と過激な露出服を実行します。