◆素人投稿プライベート写真雑誌「ニャン2倶楽部」の元締め。野外調教人として羞恥プレイの実践派。「東日本ミニスカート解放戦線」を始め、「日本ミニスカ倶楽部」の師範代。現在は、「ミニスカ熟女・推進委員会」の座長。小便娘のミニよりも、熟年世代の恥艶ミニを推奨している。趣味:官能スケベ小説の熟読、有名女優の映画ヌード場面の鑑賞。

7月26日(水) P/ライフ 

こんな罪深いこと、終わりにして…と憂いに染まっても焦らされただけで淫情に屈し、ケツ穴マ○コして…と肛門性交を求める隷属夫人

※編集部:毎回、写真と一緒にその時の生々しい場面を収録した動画DVDも投稿いただきましたが、ふしだらに翻弄されて泣き狂うオマ○コ夫人に仕込まれ、不貞責めなしに生きていけないアクメ姿は、群を抜いて色情魅惑そのものでした。

◆いつも最初は、こんなこといけませんわ、終わりにしてください…と羞じてうなだれ、夫に申し訳ない…と罪の意識に翳っているのに、ほらこの不倫マラが思い浮かんで、頭から離れないだろ、今日も旦那では味わえない絶叫泣きを搾って、ふしだらチ○ポ夫人に転落させてやるよ…と熟肌を撫でられただけで吐息はハゥハゥ…と乱れ、柳腰は待ちきれないように蠢き、クリ芽を摘んではすぐ焦らせば、あぁ、なんていじわるなの、なんでも致しますから淫らに仕込んでください…と淫情に屈し、慎ましい表情からは信じられないほど卑猥に、罪深いマ○コに気絶のチ○ポぶち込んで…と教え込まれた淫語を口走り、男根にしゃぶり付きます。

あなた以外の男性に抱かれるなんて許して、もう浮気の罪を重ねるのは許して…とすがっても、オマ○コに突っ込まれて悶えながら、尻の穴にもずぶとい肉棒を姦通して欲しいだろ、もう尻の穴に特大バイブを沈めて眠るアナルSEXマニアじゃない…と辱められ、旦那に肛門挿入の愛好家だとバラしてやろうか…と恥辱を弄ばれ、昼間の情事のほとんどは、複数の男を交えた輪姦が当たり前になりました。

淑やかに控えても熟肉を蕩けさせられ、イクにイケない肉欲地獄に操られ、お願いですからケツ穴マ○コして、肛門に咥えるチ○ポがないと生きていけません、皆様の奴隷になります…とあらゆる淫婦挨拶をマゾ艶いっぱいに乱れ叫び、膣穴と菊肛に白濁の滴るザーメン洪水にされて悶絶を繰り返します。

人妻として素晴らしいのは、前戯に股間に潜って吸い付く口唇愛撫も絶品ですが、輪姦に気絶し、アクメの余韻に浸りながら、すぐ全員の股下に這い、肉幹を清めるお掃除フェラチオの念入りな技巧です。

奥さん、とびきりのチ○ポ淫乱ですね…と男達が歓び、すぐ押し倒してぶち込みを再開する奴もいます。