◆素人投稿プライベート写真雑誌「ニャン2倶楽部」の元締め。野外調教人として羞恥プレイの実践派。「東日本ミニスカート解放戦線」を始め、「日本ミニスカ倶楽部」の師範代。現在は、「ミニスカ熟女・推進委員会」の座長。小便娘のミニよりも、熟年世代の恥艶ミニを推奨している。趣味:官能スケベ小説の熟読、有名女優の映画ヌード場面の鑑賞。

8月8日(火) P/ロダン

ハメて欲しくてたまらない、ヤリ好き娘にしてからは遊園地でもノーパン性器を視姦される露出命令を順守し、チ○ポを待つアイドル女子大生

◆大学生活の4年間、徹底してチ○ポを扱うことだけを勉強させてきたナオミです。とにかくハメることが大好きで、毎日でも欲しがってチ○ポを咥え、尻の穴を吸う、清純な可愛い顔からは想像できなほど、スケベな舌使いの淫乱娘に仕込んであります。

ボクは一応、ナオミのバイト先の指導員ですが、極太シャフトをねじ込まれて失神するアクメを教え込み、ナオミはプライベートでも濡れマ○コを擦り寄せてボクの元に通ってきます。

あどけない美人でキャンパスの男達にモテモテですから、ゼミの飲み会コンパなどでは必ず誰かにお持ち帰りされ、若いチ○ポを突っ込まれているので、誰にでもヤラせるハメ好きヤリマン…というニックネームを付けられています。

遊園地などデートではいつも超ミニで、言い付けどおりパンティを着けないノーパン順守です。うぅ、周囲は人でいっぱいなのよ、許して…と哀願の瞳を向けても、始めろ…と合図すれば、メリーゴーランドの前のベンチでもスカートを捲り、股間のありさまを丸見えに晒します。

すげぇ、美人なのにハレンチすぎねぇ…と気付いた奴が声を上げれば、見ろよ、マン毛剃ってる、パイパン性器、やっぱ美人でも露出症っているんだな…ともう一人がニヤつき、あれって一緒の男に無毛調教されてる露出マゾってことだろ…とわざと驚いた声で冷やかします。

ナオミは、あぁ、助けて…と呟きながら、前を手で押さえることもなく、視姦されるままに露出を続けます。

羞恥デートに付き合えば、根本までぶち込んでチ○ポ絶叫させてあげるからさ…と辱めに応じれば、悶絶マ○コを与えてもらえる露出性癖に洗脳して、今では完全な言いなりメスです。

舌戯の奉仕は大学生とは思えないほどテクニックを発揮し、そして何よりもしゃぶるのが好きで、タマ舐めや裏スジ擦りに夢中です。肉穴に挿入してもマン襞が絡みつき、締め技もきっちりマスターしています。

卒業しても、しばらくは便利な美人便器、射精おもちゃにして付き合う予定です。


素人投稿クラブの映像販売特設サイトができました→素人投稿クラブFC2特設サイト