◆素人投稿プライベート写真雑誌「ニャン2倶楽部」の元締め。野外調教人として羞恥プレイの実践派。「東日本ミニスカート解放戦線」を始め、「日本ミニスカ倶楽部」の師範代。現在は、「ミニスカ熟女・推進委員会」の座長。小便娘のミニよりも、熟年世代の恥艶ミニを推奨している。趣味:官能スケベ小説の熟読、有名女優の映画ヌード場面の鑑賞。

1月15日(月) P/テポドン2号

旦那が市議会議員のPTA夫人、聡子は校内で熟膣を貫く父兄肉棒も拒めない不貞の虜にされ、姦通に従う四十路淫婦

◆四十路後半の奥さん、聡子です。PTAの書記を務めていますが、息子の通う学校関係の奥様、先生など、大抵の熟女は大胆に迫れば股を開きます。

教育熱心なお堅い奥さんでも、心の奥底では犯られたくて強いチ○ポを欲しがっています。聡子もツンとして不倫なんてもってのほかという顔をしていましたが、学校の集まりの後ですぐに堕ち、熟れマ○コに突っ込まれるのを待つスケベ淫婦の仲間入りです。

なんと旦那は市議会の議員さんです。聡子をぶち込み不貞の穴にしてからも、選挙の時、支援者を装って選挙事務所に行き、旦那と握手したこともあります。  お願いだから目に付くようなことはしないで…と哀願する聡子をヤリ部屋に呼び、ストリッパーのように尻を振りながら脱げ…とPTA奥様にヌードショーをさせ、首輪に繋いで犬のように犯してよがり泣かせます。

こんなの嫌ぁ…と拒んでも、床に転がされて猛り勃つ肉竿に貫かれるのが強烈な淫悦になり、浅く沈めただけで止めれば、ひぃぃ、お願い、奥まで突き込んでぇ、聡子はどこまでも淫乱に仕込まれるオマ○コ犬ですわ…と卑猥な被虐悶えに溺れます。

亭主の議員さんは、もう勃起もしないそうで、淫熟の肉欲に火をつけられた聡子は、どんなに危ない橋を渡っても、不貞がバレそうな状況でも、学校内のPTA集会の後、校内フェラチオも咥え音を洩らし、学校駐車場のハメ晒しにも股を拡げ、あぅ、声が聴こえちゃうわ、ダメよ、ここでは許して…と羞じながら肉幹を食い締め、イクーッ、聡子は学校でオマ○コしてます、夫に顔向けできない色情女にされました…と悶絶に崩れます。