◆素人投稿プライベート写真雑誌「ニャン2倶楽部」の元締め。野外調教人として羞恥プレイの実践派。「東日本ミニスカート解放戦線」を始め、「日本ミニスカ倶楽部」の師範代。現在は、「ミニスカ熟女・推進委員会」の座長。小便娘のミニよりも、熟年世代の恥艶ミニを推奨している。趣味:官能スケベ小説の熟読、有名女優の映画ヌード場面の鑑賞。

1月26日(金) P/ドワーフ

温泉スパでも水着を切り刻んで豊尻の飛び出す姿を客に覗かれ、性器露出の羞恥オマ○コをおねだりする恥泣きマゾ性奴

◆近郊の観光スポットにある温泉スパに彼女を連れていきます。

温泉スパは水着の着用が決まりで、女性客は皆が地味なワンピース水着ですが、ボクに恥泣き支配された彼女、ノンはワンピース水着のヒップの布地をすべて切り落とし、肛門を隠すのもギリギリの細ヒモだけが残った羞恥の露出水着をあてがい、団体客の見世物にして湯船を連れ回します。

熟れて肉感的な美白のデカ尻に男達はギョッとしますが、ノンは、あぅ、恥ずかしい、犯すようにいやらしい目でみられてるのよ、許して…と羞恥にクナクナと身をよじる様子がさらに男の興奮をそそり、あの女、スパ温泉に露出狂の水着で入るなんて、そうとうの視姦趣味に仕込まれてるんだよ…と卑猥に囁き合い、四方から注目されます。

ほら見世物になりながら色情メスに仕込まれたオマ○コで、ボクを誘うんだ…と促せば、ひぃ、ひどい、人前で生き恥に泣かせて虐めるなんて…と和風の顔立ちを歪めても、肉体はボクのやり方に欲情調教された性奴隷ですから、しっかりオマ○コ見てもらうんだぞ、そうすればお湯の中でぶち込んで恥狂いのアクメをやらせてやるから…と屈辱の興奮を煽られ、あぁん、この穴は恥晒しSEXなしに暮らせない、はしたない変態マ○コですわ…と水着の股ヒモをずらしてハッキリと客に向けて拡げます。

とんでもない恥晒しマニアになったな…と嗤い、ちゃんと言い付けどおりにしたわ、終わってください…とすがっても、ノンはボクが満足するまで卑猥な恥を示す色情症だろ…と股をグリグリと頬に押し付ければ、はんぅ、痴女よりも見苦しい姿を繰り返す淫牝にされて気絶しそうです…と喘ぎ泣きながら、肉棒を取り出し、おい、正気かよ、あの女、チ○ポ取り出して吸い付いたぜ…と歴然と覗かれているのに、はぐぅぅ、チ○ポ美味しい、わたしはオマ○コ見世物の恥狂いなの…と頬に肉幹の形を浮かせて咥え続けます。

こうなると羞恥欲情の淫牝そのものになり、スパ温泉の湯船でも通路でも、膣壺を拡げ、挿入を欲しがります。

温泉スパで犯されるオマ○コ女ですもの、自宅に帰宅したらもっと激しく淫乱を叱って、お仕置きしてくださいね…と媚態の折檻おねだりが止まりません。