◆素人投稿プライベート写真雑誌「ニャン2倶楽部」の元締め。野外調教人として羞恥プレイの実践派。「東日本ミニスカート解放戦線」を始め、「日本ミニスカ倶楽部」の師範代。現在は、「ミニスカ熟女・推進委員会」の座長。小便娘のミニよりも、熟年世代の恥艶ミニを推奨している。趣味:官能スケベ小説の熟読、有名女優の映画ヌード場面の鑑賞。

2月16日(金) P/エステマン 

亭主と離婚した美人ママは、肛門支配の浣腸奴隷にされて、娘のいる自宅でも尻の穴を開いて嬲られる糞洩らし絶頂

◆娘が小学校に入学したばかりのバツイチ美人、智子です。綺麗なママと評判で、しかも離婚して独り身となれば、スレンダーな女盛りの躰を狙って言い寄る男も多いのですが、すべて手痛く拒絶されてしまいます。

精悍で生活力もあり、この方ならば…と惹かれた男もいたようですが、智子はボクに征服された尻穴奴隷なので、この男性との交際も断つように命じ、別れさせました。

智子の家に踏み込んだ当初は、堪忍してください、娘に気付かれますから…とリビングの菊穴いじりを泣いて拒んだのに、今やヒップをなよなよと押し付けてきて、あふん、欲しくて待てないの…と娘の目を盗んで、尻の穴を拡げ、ドMの湿った吐息で、ねぇ、犯して、アナルを虐めて…と囁きます。

ブカブカに拡張したユルマンでは絶頂に時間がかかり、肛門責めでは1分もかからずアナル襞を痙攣させ、ひぃぃ、智子は惨めでハレンチで罪深いママですわ、娘がいるのに肛門アクメしちゃうの…と乱れ達します。

娘が寝付けば即座に浣腸の用意をし、風呂場にメス犬の格好で這っていき、あぁ、浣腸奴隷の躾けをしてぇ、狂いそうなほど苦しいのにお浣腸の脱糞責めがないと暮らせませんわ…と菊穴を広げます。

直腸に注入してやるのは、ボクの小便です。小便浣腸に興奮し、糞をさせるだけで、見ないで、恥ずかしい…と泣きながら洗面器に盛り上げるだけで繰り返しウンチ絶頂に達します。

美人ママが、糞洩らしの変態女にされて、驚くほどアナルに欲しがるんだな…とからかえば、恨みますわ、肛門SEXのことしか考えられないバツイチ女にされて、あなたが訪れてくれるのを待つなんて惨めだわ…と嘆きながら、肉棒に吸い付き、お願い、このチ○ポをたっぷりぶち込んで…と整った顔が、卑猥な形に変形するまで頬をすぼめ、喉元に男根を咥えます。

最近は娘もママと一緒に3人で風呂に入るようになっていますが、湯船に浸かる時は、必ず智子はボクの肉茎に跨り、尻の穴で繋がり、躰を洗いっこする時も石鹸で菊蕾を揉みほぐして、娘の前で気をやらせます。