◆素人投稿プライベート写真雑誌「ニャン2倶楽部」の元締め。野外調教人として羞恥プレイの実践派。「東日本ミニスカート解放戦線」を始め、「日本ミニスカ倶楽部」の師範代。現在は、「ミニスカ熟女・推進委員会」の座長。小便娘のミニよりも、熟年世代の恥艶ミニを推奨している。趣味:官能スケベ小説の熟読、有名女優の映画ヌード場面の鑑賞。

3月1日(木) P/Conduktor

厳格な家庭に育ったお嬢様OLは、優しい彼氏がいるのに、年上チ○ポの羞恥SEX人形にされて従うザーメン奴隷

◆厳格な家庭に育ち、堅実な企業に勤務する反動なのか、社会道徳に反したタブーに踏み込むことに強い憧れがあったようです。ずいぶんと年齢の離れた私の紳士的な罠に嵌り、普通のSEXでは満足できない肉体にして、優しい彼氏がいるのに、Monamiは背徳の羞恥調教に疼いて、彼との約束があっても私の呼び出しに応じてしまう隷属欲情の虜です。

彼の優しいチ○ポで感じることができるのか、都合が悪くなったとウソついて、私の処に来いよ、感じやすい乳房縛りとマ○コ縄で公園を往復させて木陰で青姦の晒し者にしてやるよ、気絶するまでぶち込んでザーメン垂れ流しにレストランの食事するんだ…と誘えば、今日は嫌です…と拒んでいても、途中から吐息をマゾ喘ぎに湿らせ、食事の後、ボクの部屋に連れ込んでバイブに狂わせながら、尻の穴をじっくり調べてやるよ、こんな下劣なこと、お上品な彼はしてくれないだろ…と迫れば、あぅぅ、なんて酷いの、彼を裏切るマゾ女に仕込んで従わせるなんて…と口惜しく呟きながら、誘いを断れません。

待ち合わせの公園では、なんだ、あの口の利き方は…と叱り、外灯の明るい真下でベンチに座り、丸見えの口内に男根を埋め、フェラチオ露出の羞恥責めです。あまりの恥ずかしさに震えても、射精の汁を口内いっぱいに受けて、アクメするほどマゾ淫乱になっています。

そうなると、早くお部屋に入ってチ○ポで虐めてください…と奴隷メスになりきって、おねだりを繰り返します。

ずっと前に陰毛を生やすのを禁じ、Monaはパイパン性器なのですが、彼氏は何も言わずに受け入れたようです。たぶん、彼氏には寝取られマニアの性癖があるはずです。ボクのようなサド男がいてもそれで興奮しているようなので、部屋では徹底してイキ叫ばせ、尻の穴と膣内に濃いザーメンを流し込み、顔にも白濁を浴びせ、股縄で封印して、今夜は彼の部屋に帰れ…と命じます。

こんな躰で帰れない…と辛く困った顔をしますが、彼氏の反応をボクに報告するんだぞ…と強引に帰宅させます。

そうやって彼女をSEX人形にして操り、ハレンチ見世物マ○コ女に仕込んでいます。