◆素人投稿プライベート写真雑誌「ニャン2倶楽部」の元締め。野外調教人として羞恥プレイの実践派。「東日本ミニスカート解放戦線」を始め、「日本ミニスカ倶楽部」の師範代。現在は、「ミニスカ熟女・推進委員会」の座長。小便娘のミニよりも、熟年世代の恥艶ミニを推奨している。趣味:官能スケベ小説の熟読、有名女優の映画ヌード場面の鑑賞。

3月20日(火) P/GTO—2

パート人妻のひろ子は、表の店舗に従業員がいるのに、奥の事務所を兼ねた住居で突っ込まれ、ザーメンを飲む背徳勤務

◆パート事務員の人妻ひろ子、36歳です。表が店舗、奥が事務所を兼ねた自宅になっていますので、従業員が店舗に出てしまえば、ひろ子は私に狙われ、困ります、店長、やめてください…と拒んでも、触り放題にするにはてちょうど良い獲物です。

毎日、尻を追いかけ、パンティの奥に指を入れ、蜜がぐっしょり滲むまでマ○コをいじり、尻の穴まで悪戯して、当初は、訴えます…と瞳を吊り上げて怒っていたのに、段々とスケベな吐息を洩らすようになり、ほぼ毎日、職場でマ○コに指戯される人妻になり、オレのマ○コ愛撫、どんな感じだよ、旦那よりも巧いんじゃないか…と耳元に囁き、浅瀬から奥膣に削り込まれ、ひぃぃ、そんな言い方しないで…と羞じながらマン襞をガクガク動かして達し、イキ汁を噴くようになりました。

事務所では脱がさないで、他の従業員が戻ってきたら困ります…と哀願すれば、その恥ずかしがる人妻のエロ顔が興奮するんだよ…と住居エリアに押し倒し、バイブを突っ込んでずっとよがり泣かせます。

昨夜は旦那にハメてもらっただろう、マン襞が充血してるぞ、旦那とヤッたマ○コにバイブ埋めて働けよ…と挿入したまま事務室に戻します。

こんなの嫌…と言っても、毎日のマ○コ指戯を望む濡れ穴になり、パンティもエロいの着けて来るようになりました。そのパンティを着けたまま小便をさせたり、勤務時間のフェラチオはどんどん回数が増え、今では出勤してすぐ咥えさせ、昼前に2回、午後は5回ほどフェラチオ奉仕させ、ひろ子の仕事はほとんどチ○ポを気持ち良くさせることになりました。

たまに何もせず、放って置くと、あぅ、今日はまだですか…、お口にもオマ○コにもお願いします…とふしだらな身悶えを人妻のひろ子の方から誘ってきます。好色な人妻だな、亭主が知ったら怒るぞ…とからかいながら、激しくぶち込めば、チ○ポいいぃ、店長のチ○ポに仕込まれる淫乱人妻なの、ひろ子は出勤したらすぐ欲しくて濡れ盛ってるの…と欲情した色目を使って、朝から姦通おねだりの合図を送ってきます。職場で勤務中、何回もアクメを欲しがるようになりました。