◆素人投稿プライベート写真雑誌「ニャン2倶楽部」の元締め。野外調教人として羞恥プレイの実践派。「東日本ミニスカート解放戦線」を始め、「日本ミニスカ倶楽部」の師範代。現在は、「ミニスカ熟女・推進委員会」の座長。小便娘のミニよりも、熟年世代の恥艶ミニを推奨している。趣味:官能スケベ小説の熟読、有名女優の映画ヌード場面の鑑賞。

3月22日(木) P/ディアブロ 

少しでもフェラ奉仕を怠れば尻肌に厳しくムチを飛ばされ、奴隷にされた歓びに舌を絡め、精汁を飲み下す美人OL

◆ご主人様に隷属の躾けを受けて4年目を迎える愛奴壱号でございます。職場では部署のチーフを任された34歳のOLですが、管理職の威厳など一切剥奪され、一匹の穴として仕えることに悦びを覚えるようになりました。

ありとあらゆる恥辱プレイに順応し、今ではご主人様なしに生きられません。当初、普通のSEXでなければ嫌…とノーマルな扱いを迫った生意気な我が身を羞じています。もう普通のSEXでは何も感じないのです、淫牝ぶりを叱られ、床に転がされ、あぁ、ご主人様、お許しください、チ○ポ奴隷の作法を叩き込んでくださいませ…とこれまでの我儘を反省し、償い、チ○ポ様をしゃぶらせていただきます。

服装も奴隷らしくマゾらしいものを身に着け、一緒のときは朝から晩まで肉茎を含み、舌を絡ませ続けます。無作法があれば即座にご主人様からムチが飛びます。ビシッと尻肌に炸裂する折檻に被虐の興奮が迸り、どうぞ、早く奴隷のオマ○コにおチ○ポをお与えください…と叫んでしまいます。

鎖に繋がれ、手枷、足枷、首輪されてご奉仕するスタイルが似合う牝になり、オロオロとご主人様のご機嫌を伺う身分にされて、淫液に濡れ続けるあさましい体になってしまいました。正座し、咥えさせてくださいませ…と肉幹に唇を添えるときの興奮は他の何よりもときめき、ご主人様の分身である精汁を味わいたくて夢中でしゃぶってしまいます。

ご主人様の希望は、もう一人M女を加え、私と女性がレズに乱れ泣く性器を交互に犯して楽しみたいとのことです。最近はそういう趣味の店にも通い、レズ開発もしていただいています。

ご主人様に悦んでいただけるのならば、レズSEXも受け入れなければいけないと思っています。