◆素人投稿プライベート写真雑誌「ニャン2倶楽部」の元締め。野外調教人として羞恥プレイの実践派。「東日本ミニスカート解放戦線」を始め、「日本ミニスカ倶楽部」の師範代。現在は、「ミニスカ熟女・推進委員会」の座長。小便娘のミニよりも、熟年世代の恥艶ミニを推奨している。趣味:官能スケベ小説の熟読、有名女優の映画ヌード場面の鑑賞。

3月29日(木) P/重太郎

あれほど瞳を吊り上げてセクハラに抗議した気強いOLも、フェラチオして生意気を謝り、肉棒に貫かれる屈服マゾ

◆職場でも、それってセクハラじゃありません…と抗議する正義感の強いお堅い後輩OLでした。こういう一途な女ほど、ぶち込んでチ○ポに屈服させれば、心が折れて二度と逆らえないザーメン調教の穴牝に仕上がります。外見が気強い女はマゾ願望も深いと思います。

仕事が終われば、必ず彼女を連れて飲み回り、途中で必ず公衆便所に寄ります。ほら挨拶しろ…と勃起男根を頬に当てれば、あぁ、酷いわ…と悔しそうに瞳を吊り上げても、敗北の淫欲が胸に込み上げ、あぅ、これまで生意気でごめんなさい、丁寧にチ○ポを吸わせていただき、フェラ牝になって反省しますわ…とフクロを含み、徐々に根本から肉竿に舐め上がって唾液を塗り、一気に口内に深く咥えて舌をジョボジョボと激しく動かします。

礼儀正しいチ○ポ女になるんだぞ、チ○ポのことだけ考えてれば良いんだ、分かったな…と喉に猛り勃起をぶつけ、顔いっぱいにぶっかけて、残り汁を舌で掃除させます。

悔しいか、☓☓子、すっかり気の強さを失くして、チ○ポの言いなりじゃないか、これからはセクハラOKの女になって、会社の奴らにも媚びへつらうんだぞ…とチ○ポねじ込んで、はい、かしこまりました、チ○ポに服従いたします…と十数回も誓わせ、アクメを恵んでやります。

パンティもド淫猥な穴開きを愛用しろ…と睨めば、必ず渡してやった淫婦のマンビラ丸出しショーツを着用して勤務します。

アイツから聞いたぜ、☓☓子さん、毎晩でも男を欲しがって、スケベな声で泣くみたいじゃないか…とわざと猥談の餌食にされ、皆がセクハラを仕掛けても、あぅ、そんなこと聞かないで、困りますわ…と羞じらい、これまで強情な態度でごめんなさい、可愛らしく男性に甘える女になります…と尻や乳房をタッチされても、嬉しそうに媚び、飲み会では完全にお触り局部要員として、皆に陰部まで弄ばれます。

すっかり男のオモチャになる牝の役目が分かったな…と飲み会の後は、濡れマ○コを隅々まで調べ、男根で貫きます。

はぁん、悔しいのに気絶するほど恥ずかしい目に遭わされて、チ○ポで淫乱に仕込まれるのが感じます…とすっかりボクのやり方に溺れました。