◆素人投稿プライベート写真雑誌「ニャン2倶楽部」の元締め。野外調教人として羞恥プレイの実践派。「東日本ミニスカート解放戦線」を始め、「日本ミニスカ倶楽部」の師範代。現在は、「ミニスカ熟女・推進委員会」の座長。小便娘のミニよりも、熟年世代の恥艶ミニを推奨している。趣味:官能スケベ小説の熟読、有名女優の映画ヌード場面の鑑賞。

4月10日(火) P/バーニーズ 

集団輪姦のザーメン漬けにされるチ○ポ悦楽を仕込まれ、生で欲しいの…と中出しをリクエストする好色ハメ妻、さゆり

◆さゆり38歳、妻です。こんな女に開発したい…と結婚当初から思い描いていたとおりのチ○ポ好きになり、澄ましてママ友と会って帰宅した夜も、はぁん、ご存知でしょ、欲しくて濡れてます、おチ○ポ入れてぇ…と股間に潜っておねだりが止まりません。

夏の海水浴に行っても、ムッチリと熟れ盛りのボディに派手なビキニ水着を着せ、砂浜を歩く若者グループにたっぷり視姦してもらいます。はぅぅ、見られてる、私の濡れたオマ○コ想像して、チ○ポ突っ込んだらどんな乱れ声で泣くか、仲間と卑猥に話してるんだわ…と喘ぎを洩らし、そうだぞ、さゆりの濡れ穴に突っ込みたい男ばかりが集まってきたぞ…と囁やけば、砂浜に仰向けになり、少しずつ膝を拡げ、マンスジに細指を往復させて羞恥オナニーを始めるのも断らなくなりました。

復数のメンバーに連結してもらう集団輪姦も待ち望む躰になり、特に安全日は生で精子を膣内に注ぎ込んでもらえるので、あなた、その日は大丈夫な日だから、激しく皆さんの性玩具にしてイキ泣かせてください…と中出しをリクエストして燃え盛ります。

初めまして、淫乱妻さゆりでございます、チ○ポ好きの輪姦趣味に躾けられてしまって、いつもオマ○コを男性に犯されることばかりを思い描いて、オナっております、今日はお好きなだけ膣内射精に叫ばせてくださいませ…と挨拶し、全員の股間にキスし、肉棒を咥えます。

奥さん、感度が良いですな…と触り焦らされ、ヒィィ、突いてください、膣穴の底まで貫いて…と歓喜に叫び、あぁ、ザーメン漬けのオマ○コ人形にして…と肉穴を姦通され続けます。