◆素人投稿プライベート写真雑誌「ニャン2倶楽部」の元締め。野外調教人として羞恥プレイの実践派。「東日本ミニスカート解放戦線」を始め、「日本ミニスカ倶楽部」の師範代。現在は、「ミニスカ熟女・推進委員会」の座長。小便娘のミニよりも、熟年世代の恥艶ミニを推奨している。趣味:官能スケベ小説の熟読、有名女優の映画ヌード場面の鑑賞。

4月12日(木)P/佳美親衛隊

お遊戯や折り紙の時間も園児に隠れてマンズリする恥辱奴隷にされ、通学路の公園で露出責めに乱れ泣くマゾ先生の佳美

◆温厚で子供に好かれ、父母にも信頼される保育園の池田佳美先生です。預かった児童に目を配りながら、笑顔でいますが、マンビラは淫欲に濡れ開いて一日中、チ○ポが欲しくてハゥハゥ…と吐息を震わせています。

佳美先生がとんでもないスケベ欲情のマゾ体質というのは、代々マニヤ父兄に受け継がれ、もう7年以上もサディスト仲間の餌食にされて、奴隷マ○コの境遇に囚われています。

子供を帰宅させたら、すぐ児童公園に来い、もちろんノーパンだぞ、穴を嬲って淫汁を汲み出してやるからな…と命じます。お母さん方に見られたら仕事を続けられません、許して…と哀泣しても、もうアクメ嬲りが欲しくてマンビラが口を開けているくせに、乳首から重りを吊るして通学路を引き回してやるよ…とからかわれ、言いなりになってはダメ…と我が身を戒めても、淫情は理性を飛び越え、生き恥嬲りの路上をフラフラと歩いてしまいます。

やっぱり特上ハレンチの牝先生ですね…と濡れ肉をまさぐれば、ガニ股をくねらせ、ひぃぃ、イキます…とエロ汁を噴き洩らして失神します。

佳美先生は、子供のお遊戯や折り紙の時間もそっと隠れてマ○コいじって何回も自慰してるでしょ…と迫られ、うぅ、あなた達が集団でわたしを監視して、露出に逆らえない奴隷保母にしたんじゃありませんか…と辛く咽んでも、躰を弄ばれる恥辱興奮に負け、どうぞ、恥知らずな佳美をよがり責めしてください、どうしようもないマゾにされてしまって、惨めな穴悶えがないと暮らせません…と牝這いに尻を持ち上げ、肛門に性具を迎えます。

どこまでも果てしなく変態悶えを求める躰になって、皆さんが交代で日替わりお仕置きしてくれるから、佳美は毎日、恥晒しの穴泣き絶頂をもらえて嬉しいの…と十数回も感謝の言葉を言わされ、生のチ○ポ入れてぇ…と串刺し連結を哀願します。

まじめに見える保母の佳美先生が、園内で毎週、素っ裸にされ、昼休み、裏の駐車場でチ○ポをしゃぶらされる完全な精液処理のマゾ奴隷とは、この地域のマニア連中だけの秘密です。