◆素人投稿プライベート写真雑誌「ニャン2倶楽部」の元締め。野外調教人として羞恥プレイの実践派。「東日本ミニスカート解放戦線」を始め、「日本ミニスカ倶楽部」の師範代。現在は、「ミニスカ熟女・推進委員会」の座長。小便娘のミニよりも、熟年世代の恥艶ミニを推奨している。趣味:官能スケベ小説の熟読、有名女優の映画ヌード場面の鑑賞。

5月16日(水) P/おれはしろくま 

年配幹部のセクハラ餌食にされ、困っていながら羞恥興奮して濡れ、淫猥な露出視姦が日課になった美人受付嬢

◆大手機械メーカーの受付嬢をしているAnです。受付嬢の中ではベテランとなっていますが、醸し出す雰囲気がとんでもなくスケベで、受付嬢という職務上、あらゆる男性社員の好奇の目に晒される以上に、目付き、表情、仕草が男の劣情をそそるようで、特に年配のジジイには凄い人気で、ボディタッチや卑猥な言葉掛けなど、セクハラは日常茶飯事になっていると言います。

またストーカー趣味の奴もいて、AV女優のフェラチオやハメ写真と彼女の顔をコラージュして、毎晩、あなたのこのぶち込み写真でヌイてます…とメールが届いたりすることもあるそうです。

本当に腹が立つ…と憤っても、獰猛に犯すような視線に見つめられたり、スカートの上から局部を想像する目で眺められると、ゾクッとするほど生々しい男根の形が思い浮かび、咥えたり屹立に跨ってマ○コに沈める性交場面ばかり脳裏に描いて、マン汁で下着をぐっしょりに濡らしてしまうのが淫乱受付嬢、Anのハレンチ性癖です。

下品な幹部ジジイたちからは、Anさんはいつもいやらしいねぇ、昨日は何本の男を咥えたの?…とか、Anちゃんが通るといつも良い香りがするけど、下のアソコはどんな匂いがするの?…とセクハラ極限の淫語で声をかけられるようです。

そんなときは、白昼フェラチオもぶち込み青姦も大好きな露出SEXマ○コに仕込まれていますと正直に答えてやれよ…と髪を掴んで股下にしゃがませれば、あぁん、いじわる、いつも丸見えでヤラせるのね…と羞じながら肉茎を取り出し、いつも吸いたくて濡れてます…と甘えて咥え込みます。

見られて困るのに、いっぱい見られて、嘲られながらチンチン突っ込まれた汁噴きマ○コ、見世物にされたいの…と色情露出症の本音を口にします。

あなたにこんな視姦性癖に躾けられて、会社でもしたくてたまらないのよ…と極太チ○ポを咥えて淫猥に変形した顔を鑑賞されると興奮に喘ぎます。

男根を打ち込んでよがり泣く顔を鏡に映して見せてやると、興奮は倍になり、連続でアクメを繰り返します。