◆素人投稿プライベート写真雑誌「ニャン2倶楽部」の元締め。野外調教人として羞恥プレイの実践派。「東日本ミニスカート解放戦線」を始め、「日本ミニスカ倶楽部」の師範代。現在は、「ミニスカ熟女・推進委員会」の座長。小便娘のミニよりも、熟年世代の恥艶ミニを推奨している。趣味:官能スケベ小説の熟読、有名女優の映画ヌード場面の鑑賞。

5月29日(火) P/ビッグショット

上司と部下という不貞関係は、彼女が寿退社してからも継続し、ますます肉体はスケベにヤリ盛る汁浴び新妻

◆上司と部下の関係でずっと不倫していました。純情なルックスですがムッチリとした肉体からは男を興奮させるフェロモンを発揮し、押し倒したいと淫猥な妄想に耽っていた社員は多いと思います。

結婚が決まり寿退社しましたが、体の関係はずっと継続しています。会社にいるうちは目立つような振る舞いは避けていましたので、逆に新妻となった今のほうがチ○ポを突っ込む回数も増えています。

新婚の旦那さんがいるんだものな、昨晩も亭主に抱かれたんだろ、新婚チ○ポ食い締めて派手にイキ叫んだのに、翌日は元上司のチ○ポに股を広げて罪深い新妻だ…と膣襞の具合を確かめながら奥襞を男根で削り回します。

あぁ、そんなこと訊かないで、ひぃぃ、Gスポットえぐられたら、またイッちゃう…と乱れのたうち、はぅぅ、昨晩は夕食の後、すぐ床に押し倒されてオマ○コしました、2回続けて逝かされて、その後、お風呂でもお尻を突き出してバックから入れられたの…とベッドの前に3回もハメ合ったのを報告します。

亭主は自分のために刺激的な下着を選んでいると思っていますが、すべて浮気上司に命じられてエロ・ショーツを身に着けているのを知りません。バイブも最近は特太サイズを使うように言い付けられ、毎回、極太直径の突起を埋め、大声でオマ○コ自慰をしているのは、亭主に内緒です。

休日の朝は、必ずおまえの方から布団に潜って旦那のチ○ポに吸い付けよ…と純情タイプだった新妻が、結婚家庭では朝からヤリたいチ○ポ好きらしく誘うんだぞ…と朝マ○コを命じています。

縄で縛って結合部が丸見えになる性交やアナル拡張も始めているので、じっくり変態開発して、旦那とはノーマルSEX、上司の私とは変態の緊縛や肛門性交する新婚の奥さんに開発しようと思います。