◆素人投稿プライベート写真雑誌「ニャン2倶楽部」の元締め。野外調教人として羞恥プレイの実践派。「東日本ミニスカート解放戦線」を始め、「日本ミニスカ倶楽部」の師範代。現在は、「ミニスカ熟女・推進委員会」の座長。小便娘のミニよりも、熟年世代の恥艶ミニを推奨している。趣味:官能スケベ小説の熟読、有名女優の映画ヌード場面の鑑賞。

6月6日(水) P/DIO

無毛のパイパン性器にノーパン超ミニの言い付けを守り、部屋でバケツに排泄し、仕事のできる才媛はフェラチオ便器

◆一週間も放っておけば、お願いです、今日は会ってください…と連絡が入ります。会って欲しかったらノーパンで仕事しろよ…と命じれば、あぁ、そんなの無理よ、言い付けどおりミニスカートで出勤してるし、恥ずかしいアソコの毛だってご指示通り剃り落としてるのよ、これ以上ハレンチにはできません…と言葉では抵抗しても、ゴツゴツと裏スジの浮いたチ○ポ、気絶するまでしゃぶりたいんだろ…といやらしくからかえば、ノーパン順守で無毛のマンビラの覗く羞恥ミニで待ち合わせに現れます。

仕事のできるプライドの高い営業職の弥生が、チ○ポが欲しくて羞恥に従うとは想像以上です。ツンとしてるけど、男に突っ込まれてエロマ○コに仕込まれたいマゾ素質の淫乱願望があるなんて、弥生の正体を他の奴らにバラされたくないだろ…と迫り、チ○ポをもらうために変態趣味を受け入れています。

小便もウンチも部屋に置いたバケツにしろよ…と睨まれ、ウソでしょ、絶対に嫌…と顔をひきつらせながら、バケツを跨ぎ、本当に排泄するようになりました。凄いな、美人の才媛がバケツ小便かよ…と嗤われ、酷いわ…と屈辱に歪む顔に男根を擦り付けられ、弥生はハゥゥゥ…と喘ぐ口に根本まで咥えて、絶対1時間以上、しゃぶりチンチンするフェラ便器になりました。

会えば、必ずチ○ポがふやけるまでジュバジュバさせ、精子汁を口内発射します。仕事を頑張る弥生が、どんな卑猥なマンズリするか、毎回、見せろよ…といつもオナニーをやらせます。

無毛のパイパン性器にしてからは、露出マンズリにすごく感じるようで、部屋でも外でも果肉に指を沈めて掻き回しながら、はんぅ、弥生はチ○ポ調教されていつだってマ○コいじる女になりました…とメス言葉を繰り返し言わせ、ねぇ、してぇ、あなたに仕込まれたスケベ汁のオマ○コにぶっといチンチンください…と広げた股を烈しく上下させます。