◆素人投稿プライベート写真雑誌「ニャン2倶楽部」の元締め。野外調教人として羞恥プレイの実践派。「東日本ミニスカート解放戦線」を始め、「日本ミニスカ倶楽部」の師範代。現在は、「ミニスカ熟女・推進委員会」の座長。小便娘のミニよりも、熟年世代の恥艶ミニを推奨している。趣味:官能スケベ小説の熟読、有名女優の映画ヌード場面の鑑賞。

6月26日(火) P/チャコールグレー 

単身赴任の旦那の留守に、強姦責めを受け、良妻賢母は腋毛を伸ばし、淫乱な奴隷マ○コに調教された不貞情婦

◆単身赴任の旦那に代わって、私がチ○ポに服従させ、牝の作法を仕込んでやっています。最初、仕事の打ち合わせを理由に無理やり飲ませ、自宅に上がり込み、組み敷いて強姦略奪したときには、暴れて絶対に訴えますと泣いたのですが、亭主の弱々しい雰囲気と比べて、私は猪豚のように獰猛で牝を犯す力に満ちていますから、その後、嫌悪して避けようとしても、毎回、追い込み、襲い、豪腕で股を割り裂き、極太剛茎を打ち込み、女の弱味を姦通して絶頂を叫ばせ、私から逃げられない強制不倫の囚われ奥さんとなりました。

亭主が単身赴任でいないので、子供の寝た後、N子の家に入り浸り、洗面器に小便せたりして私好みのマゾ不貞情婦に調教します。

水着の写真は、夏の市民プールで羞恥責めに着せました。ごく普通のワンピース水着ですが、腋毛を剃るのを禁じ、ずっと肘を高く持ち上げさせ、黒い腋毛を視姦させ、胸のヒモを緩めて乳房を揉み、股に手を潜らせてマ○コを掻き回して喘がせます。すぐ監視員に見付かってずっと注目されている中、ほらチ○ポ握って奉仕しろ…と睨み、あんまりだわ、許して…と哀願しても、もうその頃には性奴隷に調教済みでしたので、N子は生き恥に涙ぐんでも牝情に火照り、水中でチ○ポを擦るのは当たり前、プールから上がっても海パンに手を埋めて男根センズリに細指を動かし続けました。もう完全な私に仕える淫牝です。

ベッドでハメてやるときも、おまえは誰のチ○ポ牝だ…と訊けば、あぁん、どうしても言わせるのね、恨むわ、N子は夫を裏切ってオマ○コを甘える、☓☓さんのハメ女ですわ…と千切れるほどよがり腰を振り乱します。

亭主が家に戻ってきたときは、最高に淫乱サービスしろよ…と命じてありますが、やっぱり旦那のハメ具合は貧弱なようで、旦那が赴任に戻れば、即座に、お願いです、家に来てください…と連絡してきます。何の用事だ…とわざと訊けば、あぅ、N子のマ○コを絶頂責めに嬲ってください、☓☓さんに大好きな猛りチ○ポ突っ込んでください…と隷属の淫語でおねだりします。私に略奪強姦されて、ここまで淫猥な穴に堕ちました。