◆素人投稿プライベート写真雑誌「ニャン2倶楽部」の元締め。野外調教人として羞恥プレイの実践派。「東日本ミニスカート解放戦線」を始め、「日本ミニスカ倶楽部」の師範代。現在は、「ミニスカ熟女・推進委員会」の座長。小便娘のミニよりも、熟年世代の恥艶ミニを推奨している。趣味:官能スケベ小説の熟読、有名女優の映画ヌード場面の鑑賞。

6月28日(木) P/ネットの野獣 

家族思いの貞淑な人妻社員、晶子は躰の弱点を完全に知り尽くされ、嫌っても逃げられない緊縛性交に溺れた社内性奴

◆この人妻社員、晶子は、亭主と仲良く、家族を大切にして曲がったことの嫌いなしっかりとした営業社員です。気丈な女で、私を嫌っても、会社の地位を利用して卑猥な情欲を見せ付け、圧力をかけ続ければ、将来の不安、左遷の心配に気弱になり、一回ハメられて待遇が良くななるならば…と私の股下に倒され、熟れた膣穴に男根を受け入れ、一回の過ちが二回になり、不貞の弱味を握られて頻繁に股を開くチ○ポ配下の人妻社員になりました。

晶子にはこの1ヶ月、パンティを穿かせてやっていません。ノーパンで出社させ、倉庫でマンビラを剥き、ヒィヒィ…と感じて泣くまで穴を調べてやります。すっかりオレの指マンに馴染んだな…と粒襞を削れば、こんなことやめて、後悔してますわ…と私に躰を任せた失敗を噛み締めますが、今夜もホテルに寄れよ、熟れたマ○コ、どれほどオレのチ○ポと相性が抜群か、じっくり思い知らせてやるから…と今では言い付けを断れない支配下の女です。

ホテルに入ればに仁王立ちする股に正座し、くぅ、会社では生意気な勤務態度で申し訳ありません、おチ○ポ様に謝らせていただきます…と屈辱のセリフを言わせ、汗チ○ポを即尺してキレイに磨き、精汁を飲むのが決まりです。旦那のチ○ポより立派で口内が欲情するだろ…と尋ねれば、くうぅ、そのとおりです、夫のモノより太くて美味しくて、晶子はしゃぶるのが嬉しいですわ…と淫らな淫語を口惜しそうに繰り返します。

あなたの思い通りになんかなりません…と気強いつもりでいたのに、内粒の性感帯、襞々の折り重なり、悶絶のGスポットなど、膣壺の弱点すべてを掌握され、今日も叫び狂って四肢が痙攣するまで帰してやらないぞ…とあさましい淫婦ポーズに緊縛され、陰核を弄ばれただけで、ヒィィ、許して、またイッちゃう…とアクメ奴隷にされてしまい、晶子は惨めな社内奴隷に堕ちました、絶対服從の上司専用オマ○コに使っていただき、毎日、ザーメン汁を浴びて、他人汁を垂れ流して働きますわ…と乱れのたうち、アクメの虜です。

あれほど家族思いのまじめな人妻社員が、毎日、不貞のチ○ポ汁を欲しがって、恥知らずになったね…とからかわれ、あんぅ、みじめですわ、縛られて嬲られて、あんなに嫌ったチ○ポに負けて、夫を欺く淫乱不貞女にされてしまうなんて…と嘆きます。