◆素人投稿プライベート写真雑誌「ニャン2倶楽部」の元締め。野外調教人として羞恥プレイの実践派。「東日本ミニスカート解放戦線」を始め、「日本ミニスカ倶楽部」の師範代。現在は、「ミニスカ熟女・推進委員会」の座長。小便娘のミニよりも、熟年世代の恥艶ミニを推奨している。趣味:官能スケベ小説の熟読、有名女優の映画ヌード場面の鑑賞。

9月20日(木) P/スクリーマー

体育会系の競泳一筋のインストラクターは、若い生徒の肉棒に輪姦される自分を想像し、自虐自慰する羞恥妄想マゾ

◆フィットネスクラブの水泳インストラクター、ユリ27歳です。くっきりと競泳水着の跡のある逞しいプロポーションを見てやってください。中高大と競泳選手として活躍してきました。

競技一筋の体育会系ウーマンをチ○ポに目覚めさせてやったのはボクです。それもとびきりの淫乱マゾ妄想のマニアに仕込んでやりました。ツンとして冷静なフリをしていますが、水泳教室でも常に若い生徒の股間を盗み見て、お気に入りのYくんのチ○ポ大きそう…と生々しく想像し、マン壺は淫蜜が溢れて水中に入らないと淫猥なシミが広がって気付かれてしまいます。

若い生徒たち3人、4人に囲まれて、更衣室で輪姦されることばかり考えていたんだな…と帰宅してすぐ布団に転がし、特大の模造男根をねじ込んでやります。ひぃぃ、生徒全員の股間がモッコリ膨らんで、シャワー室に連れ込まれて全員のチ○ポ握ってしゃぶるの思い描いてたの、ユリ先生、お堅いスポーツ顔してるくせに、ド淫乱のヤリたい盛りなんだろ、これからは練習のたびに皆でぶち込んであげるよと床に押し倒されて、お口にもオマ○コにも若くて太いチ○ポ突き刺されて、ひぃ、言うことききます、ザーメン便器になります…と約束させられるのよ…と興奮が迸り、一晩中、極太突起を入れっぱなしによがり続けるスケベ色情になりました。

スリルが味わいたくて、プールの中では見付かる寸前まで競泳水着をよじり、マンスジを直接指でいじる職場オナニー女になってしまいました。一生懸命に自然を装いながら、ハイレグの股布を食い込ませて股を開いたり、ヒップを突き出して女性器の土手を強調して視姦されます。羞恥露出の視姦マニアになっています。

プール教室は午後勤務なのですが、出かける前には必ず、チ○ポをしゃぶらせ、ザーメンのを飲んでから出勤するようにしています。いつも性欲に意識させられ、今日もプールで4回は気をやるようにマ○コいじれよ…と命じられて実行してしまうスケベ露出症です