◆素人投稿プライベート写真雑誌「ニャン2倶楽部」の元締め。野外調教人として羞恥プレイの実践派。「東日本ミニスカート解放戦線」を始め、「日本ミニスカ倶楽部」の師範代。現在は、「ミニスカ熟女・推進委員会」の座長。小便娘のミニよりも、熟年世代の恥艶ミニを推奨している。趣味:官能スケベ小説の熟読、有名女優の映画ヌード場面の鑑賞。

11月5日(月) P/よっちゃん

あれほど気強かった事務員も、犯されて社員共有のセクハラ熟女に堕ち、社内性交さえ断れないザーメン処理の穴淫婦

◆配送事務のリョウコ、39歳です。気の強い女でしたが、こういう女ほどチ○ポにぶち抜かれると抵抗できなくなり、亭主にも打ち明けられず、深みに嵌って不貞から逃げられない淫婦になります。

ただのハメ情婦にするだけでなく、職場の奴らにも股を開かせ、皆で所有するザーメン処理熟女に使っています。おいリョウコ、今日は誰のチ○ポをしゃぶるんだっけ…と大声で聞いてやると、辛く真っ赤になり、どうか、社内でそんな聞き方しないで…と羞恥顔をよじり、今日は主任さんの番です、リョウコ、ホテルでご奉仕しますから、職場でお尻を撫でたり、股間をまさぐるのは堪忍してください…と哀願します。なにを良識ぶってんだよ、会社でマン汁掻き出されて喘ぐ淫乱牝にされたのは、同僚みんなが知ってることじゃないか…と勤務中もずっとマ○コ触られる身悶えオモチャです。

あぅ、よっちゃん、助けて…とオレに救いを求めますが、日替わりマ○コされる突っ込み熟女にされたんだから、歓んでマ○コ触られて働けよ…と伝票を入力する間も、脇から乳房を掴まれたり、股に手を突っ込まれて淫汁をこぼす言いなり事務員になりました。

昔は颯爽として、男のスケベお触りなんて絶対に許さなかったのに、よっちゃんにぶち込まれて、亭主に隠れて浮気するマ○コ屈服女に転落してからは、トイレのフェラチオも当たり前だし、会社の裏でオマ○コされるのも抵抗できずに、下半身裸で腰を振ってるものな、変われば変わるものだよな…とからかわれて言い返せません。

毎日セクハラSEXに泣かされる躰になると、出社してすぐに悶々と欲しくてぐしょ濡れマ○コだろ…と尋問され、くぅ、おっしゃるとおり、濡れてしまいます、お願い、よっちゃん、昼休みにオマ○コ逝かせて…と昼性交を求めてしまうドスケベ欲情症になり、仕事中にオレにハメられ、夜はラブホで同僚に突っ込まれて帰宅します。

いつも熟れ穴にローターを埋め込むように強制し、毎日、マンズリを忘れるなよ、次の社員旅行が楽しみだな、往復のバスでずっとオナニーさせて、チ○ポ咥えるんだぞ…と命じて、セクハラ漬けの事務員にして身悶えを躾けています。