◆素人投稿プライベート写真雑誌「ニャン2倶楽部」の元締め。野外調教人として羞恥プレイの実践派。「東日本ミニスカート解放戦線」を始め、「日本ミニスカ倶楽部」の師範代。現在は、「ミニスカ熟女・推進委員会」の座長。小便娘のミニよりも、熟年世代の恥艶ミニを推奨している。趣味:官能スケベ小説の熟読、有名女優の映画ヌード場面の鑑賞。

11月7日(水) P/ブラッキー 

ヤンチャな十代から濡れ膣を露出する羞恥性癖にされ、ヤンママになった今は、窓を開け放って挿入に叫ぶイキ晒し恥悦

◆まだ十代のヤンチャな頃から付き合い、調教を始め、幼な妻となって子供ができ、いまはギャルママと呼ばれるイケイケ風のチ○ポ大好き若妻、カスミです。

観光地など、二人並んで記念写真を撮るときも、必ずノーパンの膝を開かせ、肉ビラを剥いて露出させ、シャッターの音と同時にアクメしろよ…と襞をこすり、あぅ、無理よ、恥ずかしい…と真っ赤に羞じる顔を写真に撮られます。

最初は泣きそうになっているだけでしたが、調教一年で露出撮影にすぐ絶頂に達する羞恥マ○コになりました。記念写真、お願いします…とシャッターを他人に頼むだけで、カスミの淫唇はぐっしょり濡れ、ハゥハゥと吐息を乱し、生々しいオマ○コを見せて写真に撮られます。撮影をお願いした人たちの驚きからスケベなニヤ付きに変わる顔に、妻は恥じ燃えるようになりました。

そんな辱めが習慣になり、幼な妻のカスミは、完全に羞恥責め濡れ盛る性癖になり、夜のハメ泣きも窓を開け放って突っ込まれるのがいちばん燃え乱れ、チ○ポ入れて、あぁ、奥にください…と淫乱声を隣家に聴かせます。

帰宅を出迎えるときも、わざと玄関を開けたままチ○ポにしゃぶりつき、はぁん、見られるかも知れないわ、ねぇ、隣に覗かれてフェラチオ顔を知られちゃう…と咥え音を響かせます。

ハレンチなマンズリを街で目撃されることばかり考えて、オナっているようで、お風呂でも自慰マ○コを広げ、ねぇ、してぇ、オナニー繰り返すとチンチンがもっと欲しくなるの…と一日に繰り返し手淫するようです。

チ○ポはあなた一人だけですわ、街でオナっているのを見付かっても、他の人にはヤラせません、露出興奮したカスミのオマ○コ調べて、濡らし過ぎのオマ○コを叱って欲しいの、旦那様だけに突っ込まれるのを待ってるの…と甘えます。

他人に見られて発情する視姦性癖なので、マンビラに食い込むTバックがはっきり覗く超ミニで外出し、欲情した肉壷を触りながら、ねぇ、公衆トイレに行きましょう、立ちマンに犯して…と最近はますますスケベになり、外に出れば毎回、挿入合体をおねだりしてきます。