◆素人投稿プライベート写真雑誌「ニャン2倶楽部」の元締め。野外調教人として羞恥プレイの実践派。「東日本ミニスカート解放戦線」を始め、「日本ミニスカ倶楽部」の師範代。現在は、「ミニスカ熟女・推進委員会」の座長。小便娘のミニよりも、熟年世代の恥艶ミニを推奨している。趣味:官能スケベ小説の熟読、有名女優の映画ヌード場面の鑑賞。

11月30日(金) P/ジャック&ベティ 

若い頃はほんとうに目立たない地味OLだったお嬢さんは、今やセクハラ餌食の露出全開、視姦マゾ熟女

◆ずいぶんと年月が経ちましたが、会社に雇った頃はほんとうに目立たない事務員でした。初々しいお嬢さんの頃から調教を始め、羞恥に覚醒させ、露出マゾとして視姦に濡れる躰に磨き、熟女と呼ばれる年令になった今では、社内でも一日中セクハラされ、勤務中、フェラチオに呼ばれて執務室に入る愛人…と、周囲から嘲笑われる存在です。

職場でもプライベートでも下着は一切着けさせてもらえず、繁華街の外出も日々の買い物も素っ裸にコート一枚です。無毛の恥肉は常に疼いて濡れています。下着の代わりに股縄なら許可してやる…と言われ、あぁ、縄なんてノーパンよりも恥ずかしいですわ…と目元を赤く染め、社内口淫、愛人部屋でのSEX調教に喘ぎます。

愛人部屋では常に裸を心がけ、股縄しろ…と声がかかれば、太い縄を淫裂に挟み、内腿に恥汁が伝うまで熟れ尻をくねらせ、潤んだ瞳で欲しそうに見つめてきます。女として口にできない言葉を言わせるのが楽しく、ほら今夜はどうして欲しいんだ…と乳房を揉み、淫裂の浅瀬に指を往復して焦らせば、はんぅ、いじわるぅ、羞恥性奴のベティを牝らしく仕込んでぇ、おチ○ポに貫かれないと疼いて眠れないオマ○コなの…と辱めを求めます。

若い頃から敏感なマゾ肉壺に訓練してきましたが、羞恥心は消えることなく、あぁ、こんな羞恥性欲の虜にされて、街を裸で連れられて路地でフェラチオも青姦もこなすなんて、怖いほど惨めですわ…と呻いても、羞恥嬲りがないと暮らせない奴隷愛人です。

明日、出勤したら、すぐに机の下でマ○コ触って隠れオナニーするんだぞ…と促されながら騎乗位で突き上げられ、職場では許して、すぐ知れちゃうわ…と困っても、突き上げをストップされてひとたまりもなく恭順を示し、はんぅ、ご言いつけどおり、出勤したらまず始めに自慰します、皆さんに見付かっても必ず気をやるまで続けますから、お願い、騎乗位でイカせて…と律動をすがります。