◆素人投稿プライベート写真雑誌「ニャン2倶楽部」の元締め。野外調教人として羞恥プレイの実践派。「東日本ミニスカート解放戦線」を始め、「日本ミニスカ倶楽部」の師範代。現在は、「ミニスカ熟女・推進委員会」の座長。小便娘のミニよりも、熟年世代の恥艶ミニを推奨している。趣味:官能スケベ小説の熟読、有名女優の映画ヌード場面の鑑賞。

12月5日(水) P/ニコチン 

絶対に嫌…と拒んだ白昼の全裸バイブ自慰も日常になり、痴女青姦も受け入れた視姦濡れの不貞主婦、加奈子

◆今でこそ恥泣きマゾの視姦色情に堕ちましたが、当初は、こんなこと絶対できません、なんて人なの、軽蔑しますわ…と道徳心が強く、露出を拒んだお堅い主婦でした。

徐々に公園ベンチでのキス、ペッティング、青姦と教え込み、遂には白昼素っ裸にして引き回し、全裸マンズリも拒めない淫乱性欲に仕込み、あぅ、言い付けどおりバイブ出し入れして散策路を歩きますから、おチ○ポ叫びを与えて…とパイパン性器を丸出しにして濡れ盛るようになりました。

待ち合わせのレストランでも必ずマンズリし、また来てるよ、あの人妻…とすっかり顔を覚えられ、出てってください、通報しますよ…と店員に抗議されるのですが、軽蔑の目でオマ○コを見られるのが卒倒するほど興奮し、申し訳ありません…と謝りながら花弁は収縮し、絶頂に達するほどです。

お願い、みっともない見世物になりますからオマ○コをいじめて…と乱れ頼み、夫には申し訳ないと思っていますわ、あなたに羞恥悶えのハレンチ痴女マ○コを教え込まれて、もう生き恥を噛み締めないと暮らせないんです…と肉棒に吸い付き、ホテルの部屋でなくていいんです、廊下やエレベーターの前で四つん這いにして後ろから犯してほしいの…と果てしなく下品で卑猥な性交を望みます。

チ○ポに腰を振る淫婦姿を世間に晒すだけでは満足できないだろ、これからは主婦仲間や奥さん友達の前で不貞マ○コを隠さず見せ付ける、底なし恥辱のSEXを公開してやりたいんだ…と伝えれば、そんなことしたら知人すべてに露出狂の羞恥不貞が知れ渡ってしまうわ…と顔色を蒼く変えて、不安になりますが、奴隷主婦にされた加奈子は、もう少し厳しく命じれば、間違いなく知人友人の前でも熟膣を隠せないド色情マゾの正体を晒すはずです。