◆素人投稿プライベート写真雑誌「ニャン2倶楽部」の元締め。野外調教人として羞恥プレイの実践派。「東日本ミニスカート解放戦線」を始め、「日本ミニスカ倶楽部」の師範代。現在は、「ミニスカ熟女・推進委員会」の座長。小便娘のミニよりも、熟年世代の恥艶ミニを推奨している。趣味:官能スケベ小説の熟読、有名女優の映画ヌード場面の鑑賞。

1月24日(木) P/チ○ポ大好きッ娘

陰唇と尻の穴も隠せない極小ハレンチ水着でオイルを塗ってもらい、大勢に囲まれて羞恥の大股開き露出の女性公務員

◆地方の官公庁に勤務する妻です。若くして重要なポジションに就き、難しい案件も任されているようです。偏差値の高い才媛は、性の分野にも想像力が働き、奔放な卑猥性癖に開発され、ド淫乱の日々を送っています。

重要な会議が終わった後は、必ずトイレに飛び込んでオナニーするのが癖になっています。

特に他人から挑むような獣の視線を向けられ、強姦を想像させるような目に肢体を舐め回されると、とびきり疼いて濡れ喘ぐ妻、男達に犯されるように視姦される妻の羞恥姿を眺めて興奮してしまう夫という夫婦カップルになっています。

海水浴でも、妻に与えられるのは肉穴よりも幅の狭いウルトラ露出水着でマンビラ性器がチラチラ覗き、尻の穴も脇から見えている視姦専用水着です。

ほら砂浜に寝転べ、サンオイルを塗ってやるよ…と声を掛ければ、大勢の男達がジワジワと妻を囲み、妻はこれから始まるオイル塗りに、どれほど恥ずかしく淫猥なポーズを想像して困り、羞じ、それでも腰がくねって、大股開きで私の手を受け入れ、股布をよじって膣襞を撫で回され、あぁ、見られてる、イッちゃう…と白昼にイキ声と淫汁を搾られ、周囲の嘲りを浴びて達します。

お願い、焦らさないで、もう待てないの…と肉幹を欲しがり、ホテルの廊下でも男根に頬を擦り付け、しゃぶります。恥ずかしい行為をさせられていると自覚すればするほど欲情する恥好きボディです。

欲情の極限まで高ぶり、お願い、牝の格好で後ろから繋がってください…と尻を持ち上げて交尾を甘え、ヒィィ、突き刺さってる…と痴肉に剛幹を食い締め、即座に何度も絶頂し、チ○ポの出入りするオマ○コの具合はいかがですか、いろいろな人にいやらしいオマ○コを見て欲しいの、そのために永久脱毛のパイパン性器になったんですもの…と連結部を開き、淫汁を掻き出されて小陰唇を痙攣させます。