◆素人投稿プライベート写真雑誌「ニャン2倶楽部」の元締め。野外調教人として羞恥プレイの実践派。「東日本ミニスカート解放戦線」を始め、「日本ミニスカ倶楽部」の師範代。現在は、「ミニスカ熟女・推進委員会」の座長。小便娘のミニよりも、熟年世代の恥艶ミニを推奨している。趣味:官能スケベ小説の熟読、有名女優の映画ヌード場面の鑑賞。

2月1日(金) P/イギー 

地元の海水浴場では透け水着にチ○ポ模型を装着して露出の羞恥嬲りに泣き悶え、仲間に貸し出されてしゃぶり淫婦のお務め

◆変われば変わるものだよなぁ、あれほど地味で目立たない奥さんが、一目でチ○ポ色情と分かる露出スタイルで外出して、漁港の集会場でも市場でもドスケベ疼きに顔を赤くして、わざと股間に手を置いて、周囲の目を惹くんだからな…と昔からの仲間に驚かれます。

それほど性に縁遠い妻が、ドエロ淫婦に変貌しました。諦めずに調教してきた成果だと満足しています。地元の海水浴場では、熟ボディに超ハイレグの透け水着で露出させますが、羞恥の限界に咽び、お願い、これ以上は無理です、許して…と哀訴しても、水着が透けるだけで許されると思っているのか、股にチ○ポ模型を挟んで晒し者になれ…と秘裂に沿って極太ペニス模型を装着します。おい、あの熟女、男根を生やして砂浜を往復してるよ、あの旦那の言いなりに股丘を揺すって、人前で露出調教されてるんだよ、本当にいるんだな、生き恥を仕込まれる変態妻ってさ…と注目の的です。

気絶しそうな恥に涙をこぼしながら、ひぃぃ、見られてる、ハレンチ姿を嗤われてるわ…と呟きながら、乳房を揉み、股間を手でまさぐって白昼アクメに果てるまでになりました。

毎週のように地元の古くからの仲間に貸し出され、良い声で泣くようになったよな、ド敏感マ○コにされて、旦那の言いなりにセックス調教されるのが嬉しいんだろ…と膣ビラを吸われ、はぁん、もっとマ○コ泣かせてぇ、わたし皆さんに卑猥な視線に囲まれると、はしたなく欲情して、チ○ポなしに暮らせないの…と肉棒にしゃぶり付きます。

奥さん、一日に何本のチ○ポ咥えて、マラ汁を飲ませてもらうんだ…と尋ねられ、あぁん、淫婦メスに躾けれて、多い日は二十本のチ○ポしゃぶったこともあります、続々とお口に流し込まれると、しゃぶり奴隷にされたみたいで、ずっと興奮しっぱなしなの、ねえ、交代でお口を犯して…とフェラ嬲りを甘えるほどチ○ポが好きになりました。