◆素人投稿プライベート写真雑誌「ニャン2倶楽部」の元締め。野外調教人として羞恥プレイの実践派。「東日本ミニスカート解放戦線」を始め、「日本ミニスカ倶楽部」の師範代。現在は、「ミニスカ熟女・推進委員会」の座長。小便娘のミニよりも、熟年世代の恥艶ミニを推奨している。趣味:官能スケベ小説の熟読、有名女優の映画ヌード場面の鑑賞。

3月8日(金) P/メイク・ラブ

新婚の頃に中年男の技巧に堕ちた妻は、不貞の罪を償うために、十数年も夫の前で群姦されるヤリマン性奴の身分

◆くぅぅ、ほんの少しでいいから休ませて、クタクタなんです…と哀訴しても、甘えるな、おまえほどのハメ好き男狂いが休むなんてもってのほかだ、朝までぶっ続けに5本チ○ポをお相手するんだ…と気合を入れられ、はぁん、かしこまりましたわ、どうど、朝まで☓☓子を犯し抜いてくださいませ…と男達に淫艶いっぱいに熟肢をよじります。

奥さん、毎週末に徹夜で、旦那公認のハメ淫婦を務める気分はいかがですか…と突き上げられ、はぁん、わたしは罪深いふしだら女ですもの、突っ込まれて乱れ跳ねるオマ○コを旦那さまに鑑賞いただくのが運命ですわ…と絶頂を極めます。

妻が22歳の頃、私は単身赴任で家を留守にしており、その間、妻は新婚でありながら四十代の中年男のチ○ポ技巧にメロメロにされ、不貞の子を妊娠してしまったのです。

新妻の裏切りに激怒し、私は嫉妬に狂いました。中年男に抱かれながらイキ叫ぶ妻の痴態を想像して物凄い興奮に襲われました。それ以来、妻は数多くのチ○ポを夫である私の目の前で咥え込む、ヤリマン淫婦サセ子の性奴に堕とされたにです。十数年の間、数えきれない男に妻を犯していただき、チ○ポ狂いの暮らしを義務付けました。

色白で巨乳、濡れやすく性感の豊かな妻は、よがり声も大きくスケベに絶叫し、このような美貌ですので、妻を犯したい、よがり泣きにしてイキ叫ばせたい…と罪妻を輪姦に集まる常連さんもどんどん増えました。

妻には男を断る権利など剥奪され、あぅ、いつでも押し倒して襲ってくださいませ、わたしは中年男性の手練手管に溺れて、夫を裏切ったサセ子なんです、背徳の罪を一生のヤリマン淫婦となって反省し、償いますわ、どうか、複数チ○ポの慰み者にして…と群姦に弄ばれる日々です。

皆が休憩する間も、不貞罪の妻は休みなくメンバーの股間を這い回り、あぅん、お願い、チ○ポ汁を飲ませて…とフェラチオをさぼらず、しゃぶり芸を駆使して男根をおっ立てます。勃起すれば即座に濡れ膣を擦り寄せ、挿入連結のおねだりを甘い声で誘います。