◆素人投稿プライベート写真雑誌「ニャン2倶楽部」の元締め。野外調教人として羞恥プレイの実践派。「東日本ミニスカート解放戦線」を始め、「日本ミニスカ倶楽部」の師範代。現在は、「ミニスカ熟女・推進委員会」の座長。小便娘のミニよりも、熟年世代の恥艶ミニを推奨している。趣味:官能スケベ小説の熟読、有名女優の映画ヌード場面の鑑賞。

3月19日(火) P/くろべえ

お互いに家庭のあるダブル不倫ですが、奥さんの自宅に乗り込み、キッチンで立ちマンに犯せば罪深い歓喜の叫び

◆彼女とはお互いに家庭のあるダブル不倫です。職場で出会い、ずっと関係が続いています。仕事中も目立つタイプではないのですが、女盛りを迎えた肢体からは、ムッチリと熟れたフェロモンが発散され、悩殺されちゃうよな、☓☓さんって、毎晩、旦那とハメ合って、よがりまくってるんだろうな、ヤリ盛りのオーラがムンムンと伝わってくるものな…と男社員がスケベに噂します。

旦那以外にも、ボクに突っ込まれて凄い反応ですよ…と言えるはずもなく、秘密の関係をし続けています。確かに職場で噂されるように、肉体に火が着いたら感極まった歓喜の声が止まらず、全身が性感帯になって何回でもケイレン叫びに達します。

この間は奥さんの自宅を訪れ、あぅ、困ります、家には上がらないで…と困惑し、お互いの家庭に知れてはいけないわ…と心配しても、玄関先のベランダで抱き寄せ、衣服を剥いで、こんなこと近所に見つかったら暮らせませんよ…と迫れば、嫌、しないで…と嘆きながら、躰は乱れくねり、剃毛性器からは驚くほど蜜汁をこぼして崩れ、口唇に添えた肉茎を咥え込みます。

奥さん、ほんとうにチ○ポ好きなんですね…とからかい、家に上がりました。ボクと不倫しても、毎晩、旦那のチ○ポ握って、求めてしまうハメ好き淫乱なんでしょ…と肉襞を弄れば、ひぃぃ、恥ずかしく言わないで…と赤面しながら、

夫には毎晩のように求められて精を浴びています…とか、お風呂でも烈しく挿入されるし、キッチンで夕食を作る間も躰を弄ばれて、その場にしゃがんでフェラチオしたり、立ったまま後ろから深くねじ込まれて達することもあります…と告白させます。

旦那とヤリまくってるのに、ボクを自宅に上げて不貞SEXするなんて、罪深いヤリマン色情ですよ…と嫉妬しながら台所に立たせ、旦那がしたのと同じ体位で浮気マ○コに突っ込みますよ…と片脚を持ち上げ、濡れ穴に一気に突っ込みます。はぁん、すごい、イッちゃう…と絶頂に崩れる躰を居間に転がし、2発、3発と犯して、連続射精をマ○コに流し込みます。凄いのは彼女は、発射を受けるたびに、アーッ、イクッ…と敏感にアクメに果てることです。

自宅で強引に犯されるのは、不貞興奮も激しいようで、マン汁を噴きこぼし、全身を硬直させます。