◆素人投稿プライベート写真雑誌「ニャン2倶楽部」の元締め。野外調教人として羞恥プレイの実践派。「東日本ミニスカート解放戦線」を始め、「日本ミニスカ倶楽部」の師範代。現在は、「ミニスカ熟女・推進委員会」の座長。小便娘のミニよりも、熟年世代の恥艶ミニを推奨している。趣味:官能スケベ小説の熟読、有名女優の映画ヌード場面の鑑賞。

5月15日(水) P/明王星

職場では威厳ある才媛も、帰宅すれば即座にバイブを膣肉にねじ込み、淫猥オナニーをヤリ続ける隠れドスケベ・キャリア妻

◆職場では男性職員を指導する立場の聡明なキャリア職ですが、帰宅すれば即座にパンティを下ろし、愛用のL型バイブを膣襞に沈め、繰り返し喘ぎ声を響かせてオナニーするドスケベ自慰の依存症に躾けてあります。

はぁん、ご言い付けどおり3連続の電動具マンズリいたしました…と恥ずかしそうに報告する顔は、部下を持つ才媛なだけに、よけいに卑猥な興奮を呼び覚まし、帰宅してすぐマンズリ始めるオナニー愛好家だなんて、職場の奴らが知ったら、もう嘲笑の的にされて職場にいられないな…とからかいながら口元に男根をあてがえば、ひぃぃ、そんなふうにイジメないでぇ…と赤面の顔に肉茎を頬張り、舌を添えてチ○ポを味わいます。職場の面々には見せられないフェラチオ顔です。

休日の日は朝からパンティを許しません。あぅ、パンティを穿かせてください…と呟きながら、剥き出しの陰唇には牝蜜が滴り、欲しがるように股丘がくねり、ヒップが上下します。すごいね、発情して淫汁まみれだよ…と果肉からクリ核を撫でれば、あふんぅ、昼間のオマ○コ、大好きにされてしまいました、職場では厳格でも、お家ではチ○ポ牝ですもの、あなたの男根にプライドを突き壊されたハメ淫婦なの…と大陰唇を割り、内襞を掻き回されて、ねぇ、してください、焦らすなんて意地悪…と膣壺を揺らしますが、すぐには奥に入れてやらず、浅瀬ばかり刺激して、ひぃ、お願い、オマ○コにぶち込んで、淫乱オナニー色情になります、一日中、マンズリこくから、休日はいっぱいハメ犯して…と牝這いに股を突き出し、朱襞に連結を哀願します。

勤務先で威厳を守る代わりに、自宅ではマンズリ常習のスケベ女を誓い、休日チ○ポなしに暮らせない好色性癖になっています。

マンションに併設されているテニスコートに通うようにさせています。他の奥さん方はほとんどがジャージ姿ですが、妻だけは激烈な超ミニのテニスウェアを着せ、スコート丸見えに練習するようにさせました。練習から部屋に戻れば、視姦羞恥の想像に昂ぶり、即、バイブを膣肉に沈めます。

最近は帰宅してマンズリする際の妄想が、卑猥で変態性を増し、職場で輪姦される場面や、テニスコートで襲われる強姦挿入などを思い描き、バイブを出し入れするようです。強姦マ○コを思い描く自慰を白状させ、突っ込んでやります。