◆素人投稿プライベート写真雑誌「ニャン2倶楽部」の元締め。野外調教人として羞恥プレイの実践派。「東日本ミニスカート解放戦線」を始め、「日本ミニスカ倶楽部」の師範代。現在は、「ミニスカ熟女・推進委員会」の座長。小便娘のミニよりも、熟年世代の恥艶ミニを推奨している。趣味:官能スケベ小説の熟読、有名女優の映画ヌード場面の鑑賞。

5月31日(金) P/のぶたん 

保険の女性勧誘員は枕営業しないとやっていけません…と告白し、契約と引き換えに射精奴隷になった三十路人妻

◆保険勧誘員のアロエです。契約を取るのはほんとうに大変らしく、女性勧誘員のほとんど70%は、食事や飲みに誘われ、体を使ったサービスを求められ、徐々にベテランになってくると枕営業が頻繁になっていくそうです。

三十路半ばのアロエは生来の好色な性癖で、俺のチ○ポ咥える保険屋さんになれば、いろいろ便宜を図ってやるよ…と切り出し、はい、条件をすべて受け入れ,SEXに貢献しますので、よろしくお願いいたします…と枕営業の奴隷契約を承諾させました。福祉事務所に出入りするのを仲介してやり、事務所内で勧誘ができるようにしてやりました。代わりに呼び出しマ○コは、絶対順守です。

ほら挨拶しろ…と促せば、はぅぅ、お誘い、ありがとうございます、ぶち込まれるのを楽しみにしております、どうぞ、ハメ好きで濡れ蕩けたオマ○コをご覧ください…とパンティをよじり、スケベ汁の濡れ滴る肉襞を剥き晒します。

アロエは常にぶち込みチ○ポをいただけるように、発情マ○コをぱっくり開いていますわ、前戯なしにぶち込んでぇ…とホテル情事では、いきなり大股開きに転がして、即マン姦通です。ヒィヒィ…と乱れ泣いて、いいわぁ、生でチ○ポ汁を注いで…と1発目は、いきなり膣内射精です。

スケベな躰で、ハメ女になるにはピッタリの体質だな…と残り汁を口唇で始末させながら、尻の穴に拡張プラグを詰め、明日は尻に器具を埋めて事務所を訪れろ…と肛門淫乱になる訓練も開始しています。

はんぅ、肛門まで発情するように開発されたら、ただの枕営業で済まなくなるわ、本当のSEX奴隷にされちゃう…とマゾ艶いっぱいに媚び、ねぇ、2発目を与えてください…と吸い付きます。

SM設備のあるラブホを予約することが多くなり、牢獄に拘束して、立ちマン挿入です。これからは事務所を訪れたら、すぐに資料室に移動して立ちマンしてやるからな…と職場性交のために立ちマン訓練しています。これで飲み屋でも路上でも、さっとスカートを捲くらせ、立ちマンに連結し、穴に射精できる女になりました。