◆素人投稿プライベート写真雑誌「ニャン2倶楽部」の元締め。野外調教人として羞恥プレイの実践派。「東日本ミニスカート解放戦線」を始め、「日本ミニスカ倶楽部」の師範代。現在は、「ミニスカ熟女・推進委員会」の座長。小便娘のミニよりも、熟年世代の恥艶ミニを推奨している。趣味:官能スケベ小説の熟読、有名女優の映画ヌード場面の鑑賞。

6月21日(金) P/キングコブラ 

結婚しても受付嬢を続ける人妻OLは淑やかな表向きとは正反対に、複数男根に溺れて姦通に肛門まで差し出す奥様

◆結婚し、若妻となっても淑やかな気品があり、ずっと地元企業の受付嬢を継続している人気OLです。旦那とは理想のカップルなんて羨ましがれても、受付嬢の肉穴はとっくに他人棒をぶち込まれ、亭主を欺いて複数姦に溺れ、月に何回も大股開きに転がされ、男根に貫かれてヒィヒィと乱れ、他人汁で洪水の罪深いハメ好き淫乱にされています。

清楚な表向きとは正反対に、裏ではチ○ポ狂いと嗤われ、浮気マ○コの真相は徐々に会社の奴らに拡がっています。感動しちゃいますよ、奥さん、会社の美人受付嬢が、集まったらすぐ膣穴全開にして小便して見せてくれるなんて…と持ち上げられ、あぁ、恥ずかしいの、見ては嫌ぁ…とうつむきながら、内襞はパックリ割れて収縮し、羞恥発情してるのが伝わります。

若妻さんは、ただ複数男のチ○ポが欲しいだけではありません。男たちの卑猥な支配に屈し、隆々とそそり勃つ肉槍の群れに放り込まれ、おらしっかり咥えて勃起させろ、這いつくばってマ○コ剥いて、突っ込んでくださいと頼め…など、オラオラ系に支配下に囚われる設定がいちばん濡れ盛り、興奮するようです。

奥さん、いよいよ尻の穴を開発してあげますよ、旦那には言えないけど、浮気男に肛門を弄ばれるのが燃えるんでしょ…と拡張バイブを押し当てられ、はんぅ、許して、肛門をセックスの道具にするなんてダメェ…と羞じ声を震わせながら、アナル姦の期待に喘ぎ、腰を振ります。

お上品に澄ましても、チ○ポ2本を肉穴と菊肛に同時挿入されるのが最高なんでしょ…と柔肉に埋め込まれ、あひぃぃ、すごいの、お尻チ○ポ好きです、オマ○コも感じるわ…とのたうち、膣穴に出し入れされながら口唇は喉に届くまで男根を吸い悶えます。膣穴から菊腸に肉茎を移され、まだですよ、奥さん、オマ○コも尻の穴もイク寸前で引き抜かれて、穴を替えられ、終わりなく欲しがって、1回、逝かせてと叫び続けさせますからね…と焦らします。