◆素人投稿プライベート写真雑誌「ニャン2倶楽部」の元締め。野外調教人として羞恥プレイの実践派。「東日本ミニスカート解放戦線」を始め、「日本ミニスカ倶楽部」の師範代。現在は、「ミニスカ熟女・推進委員会」の座長。小便娘のミニよりも、熟年世代の恥艶ミニを推奨している。趣味:官能スケベ小説の熟読、有名女優の映画ヌード場面の鑑賞。

6月25日(火) P/オカ 

家族ぐるみの付き合いだった奥さんを、亭主を亡くして即座に組み伏せ、毎回、不貞姦通を撮影して好色に躾ける未亡人

◆若くしてご主人を亡くし、独り身で娘を育てながら看護婦を続ける未亡人、寛子です。娘は11歳になり中学受験の塾に通っています。寛子は病院幹部の
評価も高く、35歳にして看護婦の病棟主任に昇進しました。
くぅ、酷い人、言い付けどおり花弁の両サイドが剥き出て隠せない、淫乱趣味の極細パンティを着けてきましたわ、あぁ、こんな姿を撮影しないで…と哀願しますが、ビデオのレンズにしっかり膝を拡げたまま、羞恥に耐えて唇を噛みます。
今日もケツ振りマンズリ、フェラチオ精飲、姦通マ○コにぶち込むチ○ポ叫びの様子を詳しく撮影してやるから、持ち帰ってどれほど淫乱になったか、しっかり鑑賞するんだぞ…と執拗にからかいます。
旦那が元気な頃は家族ぐるみの付き合いで、葬式のときも心配があったら何でも相談してくれ…と未亡人となった寛子を労り、ムンムンと女の盛りを迎えた熟れボディが寂しく悶々と疼くのを見透かし、3ヶ月も経ずに後ろから組み伏せ、素っ裸に衣服を奪って猛りまくる男根を突き刺しました。あぅ、人でなし…と抵抗しながら膣肉の底まで征服され、濡れ悶え、遂に悦びの声を発して絶頂に痙攣しました。口では嫌です、帰って…と拒んでも、あられもない格好に女肉を拡げられ、男根を出し入れされて、ひぃ、チ○ポ感じます、夫よりもご立派なチ○ポに従います、あなたのハメ淫婦に仕込んで…と屈服を認めました。それ以来、常にSEXにはビデオカメラを持ち込み、亡夫を裏切って肉棒に吸い付き、くぅ、未亡人の寛子を好色なオマ○コ泣きに躾けて…とオナニー媚態を撮影してやります。
その様子を大音量で部屋に流し、鑑賞しながら寛子を犯すのが毎回の交合です。お願いですわ、そんな映像、止めて…と羞じながら、尻の穴まで欲情して指で掻き回してるじゃないか…と指摘され、あぁん、あなたが無理やりさせるくせに…と赤面しながら、股倉に潜り、舌を伸ばして肛門しゃぶりに熱中します。しっかり舌を入れろよ、ご褒美にマ○コ失神させてやるから…と未亡人を私の趣味に染めています。