◆素人投稿プライベート写真雑誌「ニャン2倶楽部」の元締め。野外調教人として羞恥プレイの実践派。「東日本ミニスカート解放戦線」を始め、「日本ミニスカ倶楽部」の師範代。現在は、「ミニスカ熟女・推進委員会」の座長。小便娘のミニよりも、熟年世代の恥艶ミニを推奨している。趣味:官能スケベ小説の熟読、有名女優の映画ヌード場面の鑑賞。

19年10月2日(水) P/みこすりおじさん

23歳も年上のオジサンに白昼のマン舐め羞恥露出を日課にされ、職場でフェラ奉仕を目撃される事務員

◆ヤエコは20歳そこそこ、私は43歳で23歳も年齢の離れたカップルです。私のやってる工場に事務員に雇ったのが出会いです。若いのにムチムチとスケベな雰囲気があり、工員たちとの飲み会にも尻を振ってお酌する姿は、もう充分にハメ盛りの好き者に見えました。

チ○ポに媚びるタイプの娘で、ホテルに付き合って股を開け、これからの職場で悪いようにはしないから…と誘い、ベッドに押し倒せば、予想以上の淫乱ハメ肉体で、もっと入れてぇ、たくさん突っ込んでもらう女になります…と豊満な乳房を揺すり、デカ尻を振り、パンパンッと股をぶつけてマラを叩き込み、イクーッ、チ○ポ嬉しい…と達しまくりました。

以後、昼休みには工場近くの公園に連れ出し、ベンチに仰向けにして大股開きにマ○コ責めです。ひぃ、ダメです、お弁当組のOLさんがいっぱいいるのに、許して、くぅ、見られてる…と真っ赤になっても、蜜汁を白い泡のように垂らし、舌でマン襞を舐め吸っただけで、ひぃ、イク、クゥ…とガクガク太腿を硬直させて白昼アクメです。工場の職工にも繰り返し目撃され、完全に社長のチ○ポ事務員…と嗤われ、職場でも平然とデカケツを撫で、臀尻の谷間に手をこじ入れ、マン土手をなぞれば、ハゥハゥ…と喘ぎを乱し、裏の倉庫でチ○ポをしゃぶるのが午後の決まりになりました。

肉体は感じやすく、縄を乳房に通すだけで、あぁ、してぇ、縄のオマ○コすぐイキそうになるの…と濡れ悶え、バイブを埋め込むだけで、何回でも達し跳ね、工場でチ○ポをしゃぶり、昼休みは露出の羞恥マ○コを晒して青姦され、夕方からラブホでハメ調教され、肛門まで拡張されます。

ひぃぃ、お尻の穴、こんなに恥ずかしく興奮するなんて、病みつきになっちゃう、オマ○コにバイブ感じて、肛門には社長さんのチ○ポ埋めてください…と牝這いに高くデカ尻を持ち上げます。二穴連結を自分から求める女です。

こんなに若いのに底なしのムッチリ淫乱になって、職工たちの目に映るのに、わざと職場で私のキンタマに吸い付かせ、ハレンチ姿を目立つようにしろ…と命じています。