◆素人投稿プライベート写真雑誌「ニャン2倶楽部」の元締め。野外調教人として羞恥プレイの実践派。「東日本ミニスカート解放戦線」を始め、「日本ミニスカ倶楽部」の師範代。現在は、「ミニスカ熟女・推進委員会」の座長。小便娘のミニよりも、熟年世代の恥艶ミニを推奨している。趣味:官能スケベ小説の熟読、有名女優の映画ヌード場面の鑑賞。

20年1月29日(木) P/目にスカット

邸宅に呼ばれても入れてもらず、玄関前で自慰とフェラチオを隣家に覗かれ、オマ○コされる羞恥泣き未亡人

◆夫が存命中にも、家業に負債を抱えており、奥さんが俺に身を預けてくれれば、借金なんてすぐ肩代わりしてあげますよ…と言い寄り、妻の晃子は私を軽蔑していたと思います。旦那が亡くなり、未亡人となった晃子は、奥さん、負債も娘さんの進学も、すべてお世話するよ…と私に迫られ、なかば力づくで引き倒され、天を衝く剛直マラで抵抗する貞操をぶち破りました。俺の恋慕を知っていながら、ずいぶんと嫌ってくれたよな、じっくりとその生意気を反省させて、二度と逆らえない恥泣き未亡人にチ○ポ調教してやるよ…と慎ましい下着など衣類はすべて捨てさせ、日々羞恥の涙をこぼす色情ミニ、膣の形状が生々しく透ける牝パンティを着用させています。

小さな市ですから、夫を亡くした途端、妻の晃子さんは、しつこく狙っていた地主の●●氏に捕まって、露出調教の愛人性奴に仕込まれてるらしい…と噂はたちまち広がり、実際、娘の授業参観や保護者会にも、超ミニの股間からド派手な穴開きパンティが覗いて、秘肉まで丸見えだった…と卑猥に語られ、地主さんの羞恥責めに泣きながら路上フェラもするらしい…と目撃した住人が話します。

こんな恥辱の目に遭わせて、あなたは際限もない鬼畜サディストだわ…と悲憤しても、熟れ盛の肢体は、羞恥に泣きじゃくりながら犯されるたびに、露出姦通の衝撃に乱れ燃え、チ○ポ責めの麻薬のような挿入の味を覚えていきます。

邸宅に呼ばれても、お願い、お家に入れてください…と泣き頼みながら、恥晒し未亡人の挨拶はどうした…と叱られ、くぅ、お呼び出し、ありがとうございます、今日もたっぷりハレンチ狂いの身悶えに可愛がってくださいませ、●●さま好みの色情マ○コに作り変えていただきたいの…と玄関前でマンズリを晒しても、邸宅に入れてもらえず、隣家にも丸見えなのよ、虐めないで…と涙を流して白昼、玄関前でチ○ポしゃぶりをやらされます。呼び出しの日は、必ず植木の職人に庭木を剪定させたりして、他人に見付かるように嬲って、庭で剛直マラをねじ込み、他人に盗み見られながらオマ○コされる露出淫婦に肉体開発されています。

もっともっと凄絶な生き恥に悶絶して、この地元では誰もが、●●氏の色情症性奴になって露出マ○コ生活する晃子未亡人と嘲られ、視姦される暮らしを順守しろ…とマゾ教育しています。