◆素人投稿プライベート写真雑誌「ニャン2倶楽部」の元締め。野外調教人として羞恥プレイの実践派。「東日本ミニスカート解放戦線」を始め、「日本ミニスカ倶楽部」の師範代。現在は、「ミニスカ熟女・推進委員会」の座長。小便娘のミニよりも、熟年世代の恥艶ミニを推奨している。趣味:官能スケベ小説の熟読、有名女優の映画ヌード場面の鑑賞。

20年3月4日(水) P/ローズダリス 

あれほどオレを嫌ったセクハラ大嫌いな正義のOLも、ぶち込みサセ子に仕込まれてザーメン便器の射精処理係

◆会社の後輩の営業OL、Y子です。セクハラが大嫌いな強情女で、女子社員がフロアの皆にお茶を入れるのも反対と主張してます。いろいろと細かいことでオレを批判するのですが、機会を狙っていて親睦会の後、酔い潰してホテルで陵辱してやりました。絶対同意なしの無理やりセックスだ、訴えてやる…と怒っても、ヒィヒィよがり乱れて、オレにバックで追い込まれ、もっと突いて…と尻を振って頼むSEX動画を撮られ、おいY子、やっぱりおまえはスケベな淫乱サセ子だよ…と迫られ、脅され、嫌です…とか言っても、それからも頻繁にオレに抱かれ、ホテルの他にオレの部屋にも連れ込まれて突っ込まれるチ○ポ支配の関係になりました。

おまえのような生意気なハメ牝豚は、セクハラされて当然の汁噴きマ○コだものな…とバイブを強引に突き立て、くぅぅ、これまで逆らってごめんなさい、これからは☓☓さんを楽しませる従順ハメ女になって、社内の隠れオナニーもいたします…と約束させ、朝、出勤すれば一番先にお茶を入れてオレの机に置くようになりました。周囲が驚き、気の強いY子が、☓☓さんの軍門に下ったよ、これからは勤務中ずっとセクハラされて媚びる女にされるんだろうな…と噂を交わします。

Y子は剥き出しのセクハラを浴びせられ、傍若無人に扱われて、おどおどとオレの顔色をうかがい、倉庫や資料室で尻を触られるのは当たり前、会議室でマン襞に指を入れられ、毎週のように飲みに誘われてホテルに入るまでの公園でチ○ポをしゃぶらされる精子飲み係にされています。

会社でおいッと睨まれるだけで、ビクッと怯え、午後は営業の外回りに同行しろ…と命じられ、ラブホで午後マ○コに股を開き、シャワーなんか浴びなくていいんだ、オレのチ○ポ汁の匂いをプンプン発して帰社するんだぞ…と社内ハメ愛人に調教されます。

生意気であれほど正義感の強かったY子が、会社の皆がニヤニヤ嗤ってる前でも、オレに尻を撫でられ、乳房をタッチされてもなよなよと牝っぽく尻を振って、おい、今夜も飲み行くか、その後はチ○ポ咥えさせてやるから…と耳打ちされ、はい…と羞恥に赤くなりながらうなずきます。