◆素人投稿プライベート写真雑誌「ニャン2倶楽部」の元締め。野外調教人として羞恥プレイの実践派。「東日本ミニスカート解放戦線」を始め、「日本ミニスカ倶楽部」の師範代。現在は、「ミニスカ熟女・推進委員会」の座長。小便娘のミニよりも、熟年世代の恥艶ミニを推奨している。趣味:官能スケベ小説の熟読、有名女優の映画ヌード場面の鑑賞。

20年3月19日(木) P/変態夫婦

生き恥晒しの変態マゾ性器を世間に隠すのを禁じられ、清らかな妻は底なしの卑猥マ○コに改造された熟妻奴隷

◆小さな地方の市ですから、この辺では妻を知らない住民はいません。あぁ、あの恥晒し色情症の奥さんか、今日も街のどこかで無毛性器を拡げて見世物にされてるはずだよ…と農家のオジサンが教えてくれます。

慎み深く羞じらいのある妻が、完全に露出マゾ奴隷に調教され、変態淫乱としてカミングアウトして暮らしています。うぅ、今日も人前で肉ビラをオナって買物に行かされるのね…と辛そうに目元を赤くしても、今日は店内でチ○ポしゃぶらせてやろうか、どうだ、嬉しいか…と尋ねれば、濡れ汁が増し、お願い、オマ○コ奴隷妻のわたしに生き恥フェラチオを命じてぇ、店内口淫の汁飲みが大好きなんですもの、どうぞ、虐めて…とスーパーでもレンタル店でも、痴態を示し、ご褒美にチ○ポを吸うのを許可されます。

堅実な若妻が変態奴隷に仕込まれ、これほどの見世物になりました。市内でも親しい知人には頻繁に輪姦に招き、妻のマ○コにぶち込んでもらいます。奥さん、変われば変わるものだね、まさか地域のヤリマン淫婦に堕ちるとは想像もしなかったよ…と口内に男根を埋め、ひぃ、惨めに虐めないでぇ、お家だけじゃなくて、外で見かけたらいつだって路地に連れ込んでチ○ポ入れてください、わたしはチ○ポを断れない色情ヤリマン奴隷にされて、常に主人から監視されているの…と隷属の日々を告白します。

熟女となった妻は、連日、お願い、昼間に4回はチ○ポに責められたいの、もちろん夜になったら続々と青姦も強姦プレイでもいいの、チ○ポ狂いの肉体に調教されて、世間に悶えくねるオマ○コを眺められながら、犯されるのが興奮しますわ…と淫猥な変態性癖を隠せない女になりました。

大陰唇のビラビラにクリップを咬まされ、マンビラが開いたままで公園放置されたり、自宅で輪姦メンバーを迎えます。ご覧ください、長年の荒淫にドドメ色に変色したオマ○コですわ、誰にでも突っ込んでもらう好色性器に日替わり姦通の痙攣叫びを与えてくださいませ…と射精穴マゾの我が身を自覚して男根を喰い締めます。