◆素人投稿プライベート写真雑誌「ニャン2倶楽部」の元締め。野外調教人として羞恥プレイの実践派。「東日本ミニスカート解放戦線」を始め、「日本ミニスカ倶楽部」の師範代。現在は、「ミニスカ熟女・推進委員会」の座長。小便娘のミニよりも、熟年世代の恥艶ミニを推奨している。趣味:官能スケベ小説の熟読、有名女優の映画ヌード場面の鑑賞。

20年6月17日(水) P/Raven

幼稚園教諭のマゾ嫁は澄まして授業しながら、菊肛に拡張プラグを埋め続ける本格変態マゾになって、毎晩アナル性交

◆僕の可愛いお嫁さん、Jackyです。奴隷嫁にしてから6年の月日が経ちます。年々性器ピアスは重く大型になり、今では郊外のホームセンターで売っている鎖を吊るし、ラビアを肥大拡張し、幼稚園の教諭として勤務しています。はぁん、花弁の鎖ピアスがぶつかって音が響くの、園の先生方に知れたり、園児に聞こえるかと思うと、心配で恥ずかしくて困るのに、この頃は膣汁がふくらはぎの辺りまで伝い落ちるようになってしまったわ…と果てしもない淫乱マゾ色情に性欲が増しています。

しかも膣肉だけにとどまらず、菊肛までが淫欲の虜となり、朝から一日中、職場の幼稚園でも菊肛に極太挿入して穴拡張し、教室で澄まして授業を受け持っています。

幼稚園の運動会でも肛門プラグは埋め込んだまま、父兄の皆さんに知れてしまうわ…と怯えながらマゾ興奮でパンティはシミを大きく拡げ、体操の係を務めました。

毎日、出勤する前にはマンビラを剥いて肉穴の奥まで晒し、菊肛の腸内を見せ、ハゥ、お願い、今日も、変態嫁のJackyに性器ピアスと肛門拡張プラグを装着してください、ご命令どおり肛門の隠れオナニーを午前と午後、必ずイキ汁を垂らして自虐痙攣しますわ…と約束し、ご主人様の僕に極太突起をねじ込んでもらうのが習慣になりました。

出勤前の突起挿入をしている途中から淫乱マゾ声で泣き始め、あぁ、イカせてぇ、家を出るまえにチ○ポもください、ザーメン注がれてドロドロのオマ○コで幼稚園に行くのが、本当の奴隷にされているようで嬉しいの…とおねだりします。

幼稚園の勤務から帰宅すれば、即座に四つん這いになり、膣襞を剥き、肛門を拡げ、はんぅ、いやらしいオマ○コ検査と淫乱症の変態アナルを調べてください、ご命令のマンズリと肛門オナニーして発情した器官を気絶するまで叱ってください…と甘えます。

日々、気絶するまでイキ歓んで叫ぶ感じやすい体になっています。