◆素人投稿プライベート写真雑誌「ニャン2倶楽部」の元締め。野外調教人として羞恥プレイの実践派。「東日本ミニスカート解放戦線」を始め、「日本ミニスカ倶楽部」の師範代。現在は、「ミニスカ熟女・推進委員会」の座長。小便娘のミニよりも、熟年世代の恥艶ミニを推奨している。趣味:官能スケベ小説の熟読、有名女優の映画ヌード場面の鑑賞。

20年7月6日(月) P/快尻ゾロ

気品に満ちた高貴マダムは婚礼を迎えた日からアナル姦通嫁の恥辱の運命を受け入れ、汚辱パーティの射精浴び肛門生活

◆欧風の貴婦人マダムのような気品に満ちた美貌を鑑賞してやってください。妻にするならば、彼女のようなプライドのある高貴な淑女を娶り、徹底して自尊心を奪い取り、男根に平伏させて生き恥に隷属する嫁に躾けたいと切望していました。まさに理想の高貴マダムを奴隷妻として結婚しました。

こうなるまでには随分と苦労しましたが、ご覧ください、外出には下着一枚もらえず、縄に縛られマンビラを濡らし、百貨店の棚陰で露出フェラチオし、駐車場のスペースで、あぁ、許して、お客さんに見つかります…と羞恥の哀願を発しながら生き恥アクメを迎える真正マゾの境遇に暮らしています。

恥辱マゾの性癖は極限まで高められ、常に見世物アナル夫人として、輪姦パーティの皆様を招待します。大の字に縛られて皆様を迎え、はぁん、皆様、よくいらっしゃってくださいました、もう待ちきれなくて、興奮するオマ○コと発情しっぱなしの肛門で5回も絶頂していましたの、卑しい変態夫人にされたわたしを、今夜も皆さんの猛りペニスで折檻責めに泣かせてくださいませね…とお迎えの挨拶を悩ましく叫び、奥さん、一段と下品に堕ちましたね、大好きな浣腸責めで泣き狂わせて、糞まみれ輪姦の恥を噛み締めるんですよ…と四方から穴という穴をまさぐられ、男根を擦り寄せられ、ひぃぃ、どうぞ、奥まで犯してぇ、わたし、主人に浣腸されてるんです、もう出そうなの…と排便を求めても、奥様、もっと我慢しなさい、ウンチを禁じられると最高に欲情する奴隷マゾじゃありませんか…と焦らされ、くぅ、糞を洩らす姿を叱ってぇ、わたしの気品もプライドも粉々に奪われて、次々と強姦される肛門貴婦人にされてしまったの、お願いでございます、ウンチ垂れ流しますから、ご褒美の複数姦によがり気絶させて…と四つん這いの熟尻を突き出し、糞流を飛び散らせて恥辱にアクメに達します。

あふぅん、嬉しいわ、次々とご褒美チ○ポ入れていただけるのね、オマ○コ襞が締まるの、お好きなだけ突きえぐって、性奴隷に仕込んでください、オマ○コで気をやったら、とどめは卑しい肛門の穴にねじ込んで、チ○ポ汁を流し込んで虐めてぇ…と乱れ頼み、ご主人様公認のアナル強姦が続々と開始されます。

綺麗で上品な高貴マダムが、結婚を受け入れて、これほどまでの汚辱SEX奴隷になるとは驚きですよ…と囃されながら、全身を白濁ザーメンに浸ります。