◆素人投稿プライベート写真雑誌「ニャン2倶楽部」の元締め。野外調教人として羞恥プレイの実践派。「東日本ミニスカート解放戦線」を始め、「日本ミニスカ倶楽部」の師範代。現在は、「ミニスカ熟女・推進委員会」の座長。小便娘のミニよりも、熟年世代の恥艶ミニを推奨している。趣味:官能スケベ小説の熟読、有名女優の映画ヌード場面の鑑賞。

20年8月17日(月) P/のぶたん

慎ましく暮らす未亡人の覚悟などすぐに強引な姦通責めに消し飛び、菊肛に男根をもらって夫を忘れた奴隷SEX熟女

◆若くして最愛のご主人を亡くした未亡人、♀ジャスミンです。幸い、ご主人が遺してくれた不動産賃貸の物件があるので、暮らすのには支障ありませんが、女盛りの独り身の躰は、寂しくて毎晩、肉欲に渇き、それでも慎み深く貞節な生活を守っていました。

私はこの地元に根を張り、情報を集め、数多くの女性を獲物にして奴隷征服し、淑女を肉棒飼育するのを生き甲斐にしています。未亡人のような用心深い淑女ほど、逆に私のような危ない男を嫌っても、罠に堕ちる傾向は強く、強引さに我を失い、すぐに肉体を略奪され、主従関係へと転落しました。

くぅ、卑劣だわ、いつも見苦しい淫具を持たせて呼び出すなんて…、惨めで涙がこぼれます…と悲憤しても、極限まで被虐の性欲が昂り、奥さん、白昼のバイブ・マンズリしながら男根をしゃぶれるんですよ、嬉しいでしょ…とからかわれ、もはや拒む気力もなく、ひぃぃ…と吸い咥えます。

奥さまはとっくに旦那のマラ竿の形も太さも思い出せない、オレにハメ屈服した隷属淫婦でしょ…と縄を掛ければ、嫌っ、縛らないで…と拒むのは形式だけで、すぐに臀尻を振り乱し、はんぅ、イカせないでぇ、あなたの性玩具にされるなんて悔しいの…と乱れながら、何度でも絶頂に追い上げられます。

奥さんは驚くほど尻の穴に快感を覚えて、もうアナル姦通の色情マゾですものね、亡くなった亭主が悔しく怒ってますよ…と菊肛に拡張プラグを埋め込まれ、ひぃぃ、焦らさないで、あぁ、敗北を認めますから、逞しいおチ○ポ様で貫いて、奴隷の尻マ○コSEXを磨いてくださいませ…とピンクの菊襞を拡げ、グイッと弓なり男根を埋め込まれ、ギヒィ、いいの、尻マ○コ嬉しいです、夫のチ○ポなんて忘れました、わたしはこの町の悪徳男性の言いなりマゾ淫婦にされて連れまされるアナル未亡人と蔑まれて暮らしますわ…と泣き悶えます。

今では男の毛深い肛門に舌を埋め入れて、あぁ、美味しい、早く欲しいの、おチ○ポ様の虜ですもの…と舌愛撫は1時間以上こなし、弾力ある肛門に食い締めて生の精子汁を流し込まれます。

未亡人になってすぐこの町の変態野郎のザーメン処理愛人にされた男狂い…と皆に嘲られる注目の的です。