◆素人投稿プライベート写真雑誌「ニャン2倶楽部」の元締め。野外調教人として羞恥プレイの実践派。「東日本ミニスカート解放戦線」を始め、「日本ミニスカ倶楽部」の師範代。現在は、「ミニスカ熟女・推進委員会」の座長。小便娘のミニよりも、熟年世代の恥艶ミニを推奨している。趣味:官能スケベ小説の熟読、有名女優の映画ヌード場面の鑑賞。

6月29日(木) P/ボディ

清楚なベテランの美人事務員は、人妻でありながら取引業者の接待マ○コ係にされ、見違えるほど淫猥なポーズで肉棒を吸う好色性癖に調教

◆楚々とした瞳を翳らせ、これ以上、取引先の方々に抱かれるなんて嫌です…と涙声でうなだれる人妻、よう子です。三十路を超え、亭主のいるベテラン事務員ですが、しっとりと上品な物腰、慎みを感じさせる顔立ち、若い娘にはない熟れ盛りの艶もあって、得意先の中年業者の人気はダントツの一番です。

役員の立場を悪用して無理やり貞操を奪い、肉体関係を継続し、月2回はホテルに連れ込むようになってからは、旦那とする回数は激減し、よう子のオマ○コはワタシが独占し、どうだ、亭主のチ○ポより、ずっと感じるだろ…と迫り、はぁん、よう子は罪深い人妻です、夫のチ○ポを忘れて☓☓さんにオマ○コしてもらう淫乱不貞の好色女です…と繰り返し言わされ、絶頂を迎える躰にされています。

躰が不貞チ○ポに染められ、それからは取引業者との接待には必ず同行させられ、飲みの席では、よう子君、あんたのファンは多いんだよ、業者はあんたの噂で持ちきりだからね…と肩を抱き寄せては強引に唇を奪い、濃厚な接吻によう子の舌を吸い、唾液を飲ませ、ゴツゴツした手を股間にあてがい、マンスジに指を往復させ、無遠慮にパンティの脇から侵入させ、秘裂をまさぐるのが毎回、当たり前のように繰り返されます。

そして料亭を出れば、よう子はその日の接待相手に捕まり、旅館で性交の餌食になり、深夜に自宅に送ってもらうのがパターンになりました。

こんな接待、もう終わりにしてください…と哀訴しても、あの淑やかな人妻、憧れのよう子が、業者に股を広げて接待マ○コする女になった…と評判はたちまち知れ渡り、打ち合わせ接待の予約でいっぱいです。

どうだ、言いつけどおり、誠実なよう子が見違えるほどド淫猥な超淫乱ポーズで皆さんにハメ泣かせてもらってるのか…と確かめながら犯します。

おらチ○ポしゃぶるときも、生々しくマン襞をむき出しに見せて大股開きのままチ○ポ吸うんだぞ…とか、どうか、チ○ポ入れて…と前屈ポーズで膣襞を掻き回して誘えと、教えたとおり接待しているか、確かめます。

どれほど恥ずかしいか、察してください…と涙顔ですが、熟れた肉体は完全に卑猥興奮に順応し、最高のよがり泣きを洩らしって達し果てます。



素人投稿クラブの映像販売特設サイトができました→素人投稿クラブFC2特設サイト