自己メディアで発信する 素人マニアカップルドキュメント マニア撮影2.0 第四回「tkzxcvbil」その3

妻がセックスを楽しんでいる、さらにエロく楽しんでいるというところを撮って、発信していきたいというのはありますね。それ以外のところは私はあまり関心がなくて、この人普段とセックスしているところが全然違っていて、普段はすごいシャイで、笑い方もガハガハって感じなんですがそういうところを発信したいとは思わない。

自己メディアで発信する 素人マニアカップルドキュメント マニア撮影2.0 第四回「tkzxcvbil」その2

妻には常に現役の女でいて欲しいんですよ。色んな男を漁って出来れば60歳まで現役のセックスプレイヤーでいて欲しいというのがあるんです。その為に、たくさんの若い男とエッチをして欲しいし、美容費用とかも掛かってくると思うんですよ、普通の人より上を目指してセックスプレイヤーとしてやるんだったら。

自己メディアで発信する 素人マニアカップルドキュメント マニア撮影2.0 第四回「tkzxcvbil」その1

この人と付き合うまでは経験人数は5人いるかいないかくらい、それが今は10倍以上にはなってます。この人と出会わなかったらこんなことになっていないと思います。なにをヤッても許してくれる人だし、一緒に居て喧嘩も多いですけど落ち着くんですね。ただし、私は好き勝手にヤラせてもらってますけど、逆はNGで。

自己メディアで発信する 素人マニアカップルドキュメント マニア撮影2.0 第三回「HAL&璃子」その4

自己顕示欲としての表現だけど、別に見ている誰かに充足感を与えるために発信しているわけじゃないですから。自分で発信してるのに、他人がこう言うからじゃあこうしようって考えはじめたら、その時点で自分の趣味じゃなくなってるもんね。他人の顔色見ながらやってたら、そんなの自分の楽しみじゃない、私は自分がしたいことをしたいだけなので。

自己メディアで発信する 素人マニアカップルドキュメント マニア撮影2.0 第三回「HAL&璃子」その3

仲がいいからこういうことをしてるんじゃなくて、こういうことをしているから仲がいい、逆なんです。自分の深層心理の中の性欲、性癖。それをお互いつまびらかに共有しちゃってる。だから何にも隠すことないし、何も恥ずかしいことがない関係、だから仲がいいんですよ。

自己メディアで発信する 素人マニアカップルドキュメント マニア撮影2.0 第三回「HAL&璃子」その2

私には調教しているという意識はありません。そもそも調教っていうのは自分の意思なりポリシーがあって、その方向にパートナーを向かわせるのが調教じゃないですか。私は、璃子の特性を判断して璃子にあった形を作るにはって考えてるわけです。だから調教なんかじゃないんですよ。

自己メディアで発信する 素人マニアカップルドキュメント マニア撮影2.0 第三回「HAL&璃子」その1

性的な欲求が捻じ曲がっちゃって、自暴自棄的なことで解消しようとしていたのを止めさせたんですよね。感覚的にはセックスセラピー、とにかく性欲が精神の安定と直結するんですよ璃子は

自己メディアで発信する 素人マニアカップルドキュメント マニア撮影2.0 第二回「変態仮面&ゆいママ」その3

企画内容はその時の流行のものを主にAV作品は参考にしますけど、AVはフィクションじゃないですか。仕事でもない、お金をもらうわけでもない、素人の人妻が中出しをされる。それも本物のザーメンで、というところ。それはプロには逆に出来ないことですよね。