◆素人投稿プライベート写真雑誌「ニャン2倶楽部」の元締め。野外調教人として羞恥プレイの実践派。「東日本ミニスカート解放戦線」を始め、「日本ミニスカ倶楽部」の師範代。現在は、「ミニスカ熟女・推進委員会」の座長。小便娘のミニよりも、熟年世代の恥艶ミニを推奨している。趣味:官能スケベ小説の熟読、有名女優の映画ヌード場面の鑑賞。

2月14日(水) P/LD&T子

朝から晩までバイブをねじ込まれて濡れ悶える女に躾けられ、大学の大講堂でも電動具でアクメさせられるペット嬢

◆LD君と同じ大学に通うT子です。もう一年もL君にSEX調教されて、この投稿メールもちゃんと正直にド淫乱に報告しろ…と命じられ、T子が書いています。

L君はイケメンでもないし、他のゼミ仲間からボクと付き合ってよ…と交際を申し込まれたりするのですが、強引なL君に押し倒され、開脚に足首を掴まれ、オマ○コを舐められると、恥ずかしい声が昂り、濡れマ○コ見てぇ、言いなりになります、チ○ポください…と逆らえません。ゼミのコンパ飲みでも、パンティの上からずっとマンスジを撫でられ、なぁT子、みんなに隠れてチ○ポ突っ込んで欲しいだろ…と囁かれ、はいぃ、オマ○コいじめて…とトイレ待ちの物陰でフェラチオさせられてしまいます。

パンティは、L君の選んだモノしか着用を許されず、女友達にも、すごいね、花弁がはみでるデザイン…とからかわれ、L君の言い付けだから…と赤面して答えます。

もっと凄いのは二人で部屋にいる時は必ず極太バイブをねじ込まれ、ずっと乱れ喘いで濡れ襞をくねらせているように躾けられています。困るの、途中で抜け落ちちゃう…と哀願すれば、パンティで抜けないように押さえてろ…と封印されて繰り返しアクメしちゃいます。

このメールも濡れ悶えているので、1時間してもまだ終わりません。

部屋で極太バイブに腰を振って、ずっとL君の股に顔を埋めてチンチンを吸い続けるのが当たり前になってしまいました。

最後の写真は、外出の時にオマ○コに埋める小型バイブです。小型と言っても驚きの直径で最初は膣内に入りませんでした。今では根本まで埋め込んで、L君とキャンパス通学します。大講堂で授業時間もリモコン・スイッチを強にされ、講義中でも絶頂に上ってオシッコお洩らしのようにアクメ蜜汁を噴いてしまいます。