◆素人投稿プライベート写真雑誌「ニャン2倶楽部」の元締め。野外調教人として羞恥プレイの実践派。「東日本ミニスカート解放戦線」を始め、「日本ミニスカ倶楽部」の師範代。現在は、「ミニスカ熟女・推進委員会」の座長。小便娘のミニよりも、熟年世代の恥艶ミニを推奨している。趣味:官能スケベ小説の熟読、有名女優の映画ヌード場面の鑑賞。

4月6日(金) P/J-BOY

おとなしい亭主を裏切って外に呼び出され、雌豚になりますからチ○ポ責めして…と不貞奴隷に堕ちた誠実主婦、菜々子

◆亭主に尽くす堅実な妻の典型で、他の男と情交を交わすことなどありえないと思っていた人妻、菜々子です。その貞操を乗っ取り、生き恥マ○コに逆らえない淫乱被虐の肉体に調教して10年、四十路を迎えようとしています。

今から出て来い、雌豚の菜々子に夜の散歩させて、美味しい精ミルク飲ませてやる…と伝えれば、あぁ、お慈悲を掛けて、一家で夕食の団らんを過ごしているのに…と咽び声を洩らしますが、家族や旦那よりも、ご主人様のチ○ポが大切なハレンチ雌豚のはずだぞ…と怒声を浴びせれば、菜々子は断ることができず、近所の住宅から公園を縄縛りに引き回され、くぅ、住人に見付かったら生きていけません…とわななきながら惨めな奴隷マン汁を垂らし、ベンチに仰向けに寝て、ひぃぃ、夫を裏切って家族と一緒のときも露出マ○コに呼び出される家畜以下の穴になった菜々子を叱って…と大股開きの膣壺に不貞チ○ポを叩き込まれます。

優しくおとなしい亭主を欺く奴隷色情にされてしまった罪の意識に苛まれながら、もはや肉欲から逃げられず、電話で脅されただけで催眠術にかかったように、辱めを求めて濡れる人妻になってしまいました。

常に行動を監視され、旦那にセックスを求める日、回数、体位も決められ、翌日、ホテルに呼び出され、肉穴をじっくり調べられ、尋問される亭主との性交について詳しく報告させられます。

それで絶頂できたのか…と迫られ、くぅ、菜々子は変態責めに虐められないとイクことのできない奴隷家畜ですもの、夫の下手なセックスでは欲望が高まるだけです、お願い、雌豚にお似合いのお仕置きチ○ポ責めをしてぇ…と手首を高くつられ、電マを当てられて絶叫に泣き求めます。

懇願した挿入をやっと与えられた後も帰してもらえず、菜々子にしゃぶり豚のご奉仕をさせて…と吸い付いてフェラチオを務め、口内に濃厚精子を含んだまま家に戻るようになっています。