◆素人投稿プライベート写真雑誌「ニャン2倶楽部」の元締め。野外調教人として羞恥プレイの実践派。「東日本ミニスカート解放戦線」を始め、「日本ミニスカ倶楽部」の師範代。現在は、「ミニスカ熟女・推進委員会」の座長。小便娘のミニよりも、熟年世代の恥艶ミニを推奨している。趣味:官能スケベ小説の熟読、有名女優の映画ヌード場面の鑑賞。

1月8日(火) P/クロラビア

一目でチ○ポ女と分かる淫婦ミニで貞操を略奪した男の会社に雇われ、従業員の前で辱められ、肉茎によがり従う人妻

◆人妻の身で私に貞操を略奪され、姦通支配から逃げられない躰にして、私の会社に無理やり雇い、勤務中も他の従業員が目撃する前で恥嬲りに弄び、熟れたビラビラはドドメ色に変色するまでチ○ポ責めに屈した愛人、ナツミです。

旦那を裏切って不倫に耽るだけでなく、愛人野郎の会社に雇われるなんて、どこまで恥知らずなんだ…と狭い市ですから卑猥に蔑まれ、亭主にもバレ、この淫売女、色情狂…と罵られても、毎日ハレンチな性欲を煽られ、こんな恥晒しの服装はご容赦ください…と頼んでも、黒々と生やした脇毛の目立つノースリーブ、陰唇ビラビラが覗く穴開きパンティに激烈な淫婦ミニを穿かされて、職場に通います。

奥さん、出勤したら即座に社長の極太マラに吸い付くんでしょ、今日のザーメンの味はどうでしたか…とからかわれ、従業員にはどんどんセクハラして羞恥の虜にしてくれ…と促し、昼食も高級寿司店のカウンターに女性器丸出しに座らせて、客や従業員のからかいの餌食にして虐めます。

奥さんの赤貝は、社長に突っ込まれていつもよだれを垂らしているんでしょ…と内襞を覗き込まれ、職場で黒アワビにぶち込んでもらって、白い濁り汁を注がれてよがり泣いてるそうですね…と大将と常連客に嗤われます。

その間も絶対に股を閉じるのを許されず、私にマン襞を掻き回され、はぁん、許して、またイッちゃう…と痴態を晒し、濡れマンをくねらせます。

得意先を回るのにも必ず同行させ、ナツミはいつだってマ○コに小型バイブを埋め込んで、ワシのマラ茎を欲しがるんですよ…と色情ミニで対面させます。

会社に戻れば、おいナツミ、もうハメ狂いにチ○ポ欲しくて待てないだろ…と職人たちに聞こえるようには辱め、ひぃぃ、お願い、午後のマ○コ泣きをやらせてぇ、一日中、恥泣き淫婦にされて、チ○ポなしでいられません…とエロ・ランジェリーの股を突き出し、乱れ甘えて会社と棟続きにあるハメ部屋に連れられ、夕方まで肉棒責めに悦び、叫び続けます。