◆素人投稿プライベート写真雑誌「ニャン2倶楽部」の元締め。野外調教人として羞恥プレイの実践派。「東日本ミニスカート解放戦線」を始め、「日本ミニスカ倶楽部」の師範代。現在は、「ミニスカ熟女・推進委員会」の座長。小便娘のミニよりも、熟年世代の恥艶ミニを推奨している。趣味:官能スケベ小説の熟読、有名女優の映画ヌード場面の鑑賞。

5月21日(火) P/ラスベガス

アイドル系の美人OLは、心で謝りながら膣唇は射精アクメの道具にされ、彼を裏切って青姦性交に飛んで来るハメ虜

◆浜崎あゆみレベルのアイドル顔で、繁華街ではずっと声をかけられる美人OLです。彼氏もいるのですが、草食系の貧弱肉棒で、エッチしたい気分を狙い、ボクがぶち込みました。悪い男に引っ掛かったと後悔しても、オマ○コの弱点を調べ尽くし、ボクから離れられない肉穴に仕込んで、欲しくてたまらないだろ、イキ泣かせてやるからすぐに来い…と誘えば、彼に隠れて飛んできます。

周囲に紹介するときにも、ボクの射精服従のハニィさ、美人なのにオマ○コにぶち込みまくって言いなりに調教中でさ…と説明すれば、真っ赤に赤面しますが否定できないハメ人形になっています。

ボク好みの超ミニから腰紐パンティを覗かせ、腰の結び目を引けば、パンティが下に落ちて、即、マ○コが生々しく見えてしまう言いなりペットです。

ほらバイブぶち込め…と公園では3回連続で気をやるまで丸見えの露出オナニーを命じたりします。ボディがどんどんスケベになって、貧弱チ○ポ彼氏では満足できないので、ボクに恥ずかしい絶頂泣きをやらせてください…とお願いして、必ずエロパンティで肉棒に吸い付きます。

陰毛が濃くて気にしているのですが、真っ黒に伸ばしてビキニラインに剃って綺麗にするのを絶対に許しません。遊園地のプールでは極薄の純白水着を指定し、プールから上がれば股間にはハッキリと陰毛が透け、泣きそうに羞じながらプールサイドを歩かせます。

彼氏とデートして良いんだぞ、ホテルに寄っても構わないし、部屋にも泊めてもらえよ…と促し、実際、彼氏と過ごしたりもするようですが、チ○ポ叫びを教え込まれた肉穴はまったく満足できなくて、会ってください、オマ○コしてください…とボクに連絡を寄こします。

徹底してぶち込んで、明日からはどこでも青姦に応じるペットになるなら、会ってやる…と返事すれば、飛んで来て、あなたの性奴隷になります、ザーメン発射ホールになるから入れてください…と濡れ膣を好きなように使ってもらう関係になりました。

膣肉にあふれるほど白濁を注ぎ込み、内腿から垂れ流しで、彼氏と待ち合わせの場所に行かせます。そういう刺激があるので、絶対に彼とは別れるな…と命じています。