◆素人投稿プライベート写真雑誌「ニャン2倶楽部」の元締め。野外調教人として羞恥プレイの実践派。「東日本ミニスカート解放戦線」を始め、「日本ミニスカ倶楽部」の師範代。現在は、「ミニスカ熟女・推進委員会」の座長。小便娘のミニよりも、熟年世代の恥艶ミニを推奨している。趣味:官能スケベ小説の熟読、有名女優の映画ヌード場面の鑑賞。

8月21日(水) P/乱介

老舗のバーを継いだ女性オーナーは、満子と改名してスケベ下着で接客し、店内マ○コされてイキ悶える従順なハメ愛人

◆亡父が遺した老舗のバーを相続し、店のママになった女経営者、満子、37歳です。この年令まで独り身の世間知らずなお嬢様育ちでしたから、バーを継いでたちまち経営は行き詰まり、長年、複数の夜の店をやっている60歳過ぎの私が相談を受け、すぐに満子の躰を奪い、店も実質的には私が乗っ取りました。

こんなこと、受け入れられませんわ…と抵抗しても、老練で女泣かせのぶち込み技巧で、途中からは、あひぃ、やめないで、最後まで続けて、乱介さまの女になります…とチ○ポ姦通に溺れ、淫猥アクメの調教に屈しました。

満子には、元々ちゃんとした別の名前があったのですが、いつでも私の肉棒に股を開く女になり、バーもリニューアルした際に、満子と改名させました。これまでの格調高い店をやめ、満子のスケベな色気を漂わせ、下品な客を呼ぶバーにしました。一応、ミツコと読みますが、酔った客は、おい、マ○コ…と呼びます。満子は赤く頬を染めて、はい…と返事します。辛そうに恥じても、カウンターの陰に連れ込み、満子の股襞を触り、どうだ、もっと客に尻を振れ…と膣穴をいじります。

薄いドレスの下には必ず淫乱な下着を心がけ、写真のように数珠の紐がマンビラに食い込む下品ショーツを穿かせているので、接客中も淫欲を刺激され、ハゥハゥ…と吐息を湿らせ、客が途絶えれば、ねぇ、乱介さま、正気でいられないの、吸わせて…とカウンターの下でしゃぶり付き、満子は店内でオマ○コしてもらう淫婦になりますわ…と頻繁に店内でチ○ポぶち込みを求めるハメ好きに変わり果てました。

店に出勤する前には決まってチ○ポを咥え、今夜も店に顔を出してくださいね、老練な年上オーナーのチ○ポ愛人にされたオマ○コ服従ママと周囲に嗤われても構いませんわ、店内で羞恥露出も実行しますから…と色っぽく瞳を潤ませます。