◆素人投稿プライベート写真雑誌「ニャン2倶楽部」の元締め。野外調教人として羞恥プレイの実践派。「東日本ミニスカート解放戦線」を始め、「日本ミニスカ倶楽部」の師範代。現在は、「ミニスカ熟女・推進委員会」の座長。小便娘のミニよりも、熟年世代の恥艶ミニを推奨している。趣味:官能スケベ小説の熟読、有名女優の映画ヌード場面の鑑賞。

8月30日(金) P/卑酔

底なしのドM性癖を見破られ、常に性器の覗くショートパンツを穿き、ご主人様にチ○ポ責めを欲しがる美人性奴

◆ご主人様の奴隷にされて9年、このような牝の報告をする浅ましい淫猥マゾに成り果ててしまいました。元々小学生の頃から担任教師に目を付けられ、悪いこともしてないのにお尻を叩かれるのが頻繁で、学生時代、就職してからも私はある種の特殊な男性には必ず目を付けられ、上司に叱責され、パワハラとセクハラに虐められ、ストーカーの対象でした。

男性に捕まり、支配され、牝にされてしまうのを思い描くドMの雰囲気、虐められチ○ポ責めされる期待に欲情し、濡れているのが顔を見れば、即座に分かってしまうのだそうです。

今のご主人様も、駅ですれ違っただけで、この女は淫牝になると直感したそうです。サディストには私のマゾ性癖が簡単に見破れるのです。まるで急な坂道を転げ落ちるように、交際中の男性とも別れ、ご主人様の虜になりました。

外出は常にデニムの布地を切り刻み、脇から秘唇が覗いてしまうようなベリーショートの恥晒しホットパンツを穿くか、淫唇スレスレの超ミニを着用します。

もう通勤電車では痴漢され放題になり、最寄り駅の公衆便所でご主人様にチ○ポをしゃぶらせてもらいます。ぐしょ濡れじゃないか…と叱られ、お願いですからトイレの中で犯して…と頼むのですが、外の公園ベンチまで引きずり出され、周囲に丸見えでおチ○ポ様を突っ込まれます。青姦の見世物になるのが日課です。

親と親戚、女友達にも、ご主人様に変態SEX調教される奴隷マゾの身分を隠さず、働く処もご主人様の知り合いがヤッているスナックになりました。店内ではヒモ水着のような格好で接客させられ、お尻の穴も触り放題です。私は勤務中、店に来たご主人様にチ○ポを咥えさせてもらえるのが嬉しくて、お客様が見てる中でも床に這い、牝犬の格好で突っ込んでいただきます。

いつも秘唇にはバイブを埋めて暮らすようになり、無毛のパイパン性器を厳守し、だけどマゾ淫乱の証しに腋毛は黒く生やすようにしています。