◆素人投稿プライベート写真雑誌「ニャン2倶楽部」の元締め。野外調教人として羞恥プレイの実践派。「東日本ミニスカート解放戦線」を始め、「日本ミニスカ倶楽部」の師範代。現在は、「ミニスカ熟女・推進委員会」の座長。小便娘のミニよりも、熟年世代の恥艶ミニを推奨している。趣味:官能スケベ小説の熟読、有名女優の映画ヌード場面の鑑賞。

19年9月10日(火) P/極太ハメコ

下請けの我々を見下す親会社の幹部女性は、膣穴がブカブカになるまで巨根拡張されて、射精便器になった熟れ膣

◆代々のチェーン店舗を経営する同族会社の女性幹部です。強情で生意気な態度が気に入らなかったのですが、やっとこの頃チ○ポ服従の牝豚の身分をわきまえてきました。

取引業者の私に、打ち合わせの後の接待で酔わされ、強引に突っ込まれたのが悔しかったらしく、もう取引はしません…なんて言っていたのに、デカチンにマ○コを掘り反され、淫汁を汲み出され、肉穴はボクのマラと相性ピッタリじゃありませんか…とえぐり削られ、ひぃぃ、今後とも仕事でもプライベートでのお付き合いください…と熟れ尻を振り、どうか、絶頂にいかせて、お願い…と生意気な顔を卑猥なハメ快楽に歪め、あなたのオマ○コ女にして…と数十回もオマ○コ淫語を叫び、同族会社の幹部なのに、取引業者のザーメン情婦となりました。

あぁ、無理だわ、大きすぎてアソコ壊れちゃう…と特大突起も受け入れられなかったのに、すぐにガバガバ性器に拡げられ、くぅ、あなたにオマ○コ自由に使っていただく極太ハメコです、ねぇ極太淫具をねじ込んで…と巨根サイズのバイブをおねだりする牝豚マ○コの淫婦にまっしぐらです。

ハメコの穴は、取引き業者様のあなたの射精専用便器なの、来社されたら必ず声を掛けてください…と社内の応接室でフェラチオ奉仕に吸い付くのが当たり前になりました。昼間、打ち合わせと称して肉穴にぶち込み、精液を垂れ流して社内業務を勤めるのが、牝豚の務めです。

このガバマンは誰の物だ…と男根を埋め、浅瀬で出し入れすれば、はぁん、極太ハメコにされた膣穴は、あなたに所有されるよがり便器ですわ、毎日、呼び出してチ○ポ与えてください、可愛いハメ豚になります、ねぇ、奥に打ち込んで…と媚びへつらい、下請けの我社の花見や暑気払いにも、いそいそと顔を出し、かいがいしく酒をお酌して回り、ぶち込んで欲しくて発情した女性器はムンムン湿り、どうぞ、ちょっと裏の倉庫で虐めてください、欲しくて待てないの…と寄り添って頼んできます。夜には極太ぶち込んでやるから待ってろ…と焦らします。