◆素人投稿プライベート写真雑誌「ニャン2倶楽部」の元締め。野外調教人として羞恥プレイの実践派。「東日本ミニスカート解放戦線」を始め、「日本ミニスカ倶楽部」の師範代。現在は、「ミニスカ熟女・推進委員会」の座長。小便娘のミニよりも、熟年世代の恥艶ミニを推奨している。趣味:官能スケベ小説の熟読、有名女優の映画ヌード場面の鑑賞。

19年9月26日(木) P/ワイルドハンター

デカパイを飛び出そうに強調して患者と接し、毎晩、熟れ火照る肛門に夫の男根をもらうナース奴隷妻

◆一緒に暮らしている頃から調教し、雑誌にもその痴態を投稿しているベテラン看護師、aoiです。心の底からマゾ淫乱の自覚ができるまでは結婚しないつもりでしたが、奴隷妻として常にチ○ポを崇拝し、発情してオマ○コを濡らして仕えます、毎日、よがり泣きに飼育してください…とすがるので、晴れて入籍し、結婚しました。

いままでも巨乳ナースとして病院では噂の的でしたが、現在はいっそうデカパイを強調し、3つも胸ボタンを開けて、白衣から飛び出そうな乳房で勤務させています。aoiさん、前はスイカ乳房を隠すようにしてたけど、結婚してからスケベなフェロン全開で谷間がすごいね…と患者にからかわれ、旦那の趣味なのかな、白衣の下のブラもド派手な透けブラジャーしてるね…と検査技師からも淫猥な視線を向けられます。

乳房を強調して働くなんて恥ずかしいわ…と赤面しますが、ちゃんと隠さず胸元を視姦されるんだぞ…と命じ、家では乳房を揉み、乳首にクリップを咬ませて、はんぅ、許して、乳首が敏感なの、おかしくなっちゃう…と喘ぎ、陰裂をまさぐりながら乳首をつねり責め、毎日、乳首欲情する躰になっています。

マゾ肉体に嬲って欲しいスイッチが入ると、あぁん、縛ってぇ、勤務中もぐっしょり濡らしていました、オマ○コ調べてぇ、はんぅ、オマ○コよりも恥知らずに欲情して広がった肛門穴をお仕置きして…と奴隷妻になってからは、自分から生き恥マゾ性癖の排泄器官の興奮を告白して、肉感的なデカ尻を上下に揺らします。

底なしのハレンチ肛門だな、口を開けて腸襞がピンクに収縮してるぞ…とローターを埋め込めば、ひぃぃ、痙攣しちゃう、腸の粘膜で気をやります、排泄器官のアナル絶頂を叱って…と犬這いにのけぞり、お願い、お尻の興奮穴におチ○ポちょうだい…と肛門性交を欲しがり、毎晩、牝犬の格好でチ○ポと繋がり、ザーメン射精と同時に達し崩れます。