◆素人投稿プライベート写真雑誌「ニャン2倶楽部」の元締め。野外調教人として羞恥プレイの実践派。「東日本ミニスカート解放戦線」を始め、「日本ミニスカ倶楽部」の師範代。現在は、「ミニスカ熟女・推進委員会」の座長。小便娘のミニよりも、熟年世代の恥艶ミニを推奨している。趣味:官能スケベ小説の熟読、有名女優の映画ヌード場面の鑑賞。

19年10月4日(金) P/スナフキンZ

若奥様になっても関係を清算できず、白昼に呼び出されて、顔に白濁精子を浴びるフェラチオ美人便器

◆会うときは下着も許してもらえず、ノーパン・ノーブラのゆかりさんです。今は結婚し、人妻となっていますが、私との関係を切ることができず、旦那の出勤中に待ち合わせ、白昼マ○コを露出し、チ○ポ汁を飲むザーメン処理の若奥様です。

結婚前はイベント・コンパニオンでした。県の催事の特産品の紹介とか、市民祭りのアシスタントに呼ばれたりしていました。その頃のマネージメントを仕切る会社の上司が私です。イベントの仕事を優先的に融通してもらうため、セクハラに股間を撫でられ、夜の接待で料亭でマンスジを触り放題にされ、ベッドも断れずチ○ポに股を拡げ、アンアンと可愛い声を響かせて身悶え、ザーメンを流し込まれるのが当たり前でした。

有力メーカーの彼氏と結婚しましたが、色々と亭主にバレたら困ることがあるので、私の呼び出しに従います。魅力的な美人妻だから、毎晩、亭主が放って置かないだろ、しっかり感じまくってハメまくるんだよ…とからかえば、うぅ、夫のことは言わないでください…と困った表情になりますが、その羞じ困った顔に男根を押し付け、口内深く肉茎を沈めてしゃぶらせるのが抜群に興奮します。

フェラチオが上手で、旦那が悦ぶだろ、ぜんぶコンパニオンの頃に●●さんから教えてもらいました、あの頃はお仕事に行けば、必ず●●さんのチ○ポ咥えて濃い精子を飲ませてもらってましたと旦那に報告しろよ…と羞恥を煽り、ゆかりさんの舌使い、頬のすぼめ方、喉マ○コを愉しみます。

ゆかりさんは根本まで口内に含み、舌を動かして剛幹を摩擦しながら喘ぎ、ハァン、ゆかりはおしゃぶり便器なの、●●さんの精汁、お顔ぜんぶに浴びせてぇ、白い濁り汁でドロドロになるまで顔にザーメンぶっかけて…と甘えてへつらいます。

顔射人妻、ゆかりさんは、もう不貞から逃げられないので、好きなときに呼んで男根を吸わせ、ザーメン処理させ、ますますフェラチオ上級者になっています。美しい顔を浮気の白濁精子まみれで帰宅させます。